スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウォーク・ザ・ライン 君につづく道

walk.jpg

DVD版
監督:ジェームズ・マンゴールド 
出演:ホアキン・フェニックス、リース・ウィザースプーン
評価:★★★★☆

世の中にダメ男選手権というものがあれば、日本一とは言わないまでも県大会ベスト8ぐらいまで食い込めるのではないかと思う僕です。そんな自分だからこそ身につまされるものを感じるこの映画。

伝説のミュージシャン、ジョニー・キャッシュの半生を描いたドラマ。貧しい少年時代、親しくしていた兄の死、父親との確執、成功と没落。そして愛する女性ジューン・カーターとの恋愛模様。

薬物中毒におちいった過去があり、実際に兄リバー・フェニックスを亡くしているホアキン・フェニックスがジョニー・キャッシュを演じているところに重みを感じる。一つ一つ演技の裏で彼は何を想っていたのだろうか。それは彼のみぞ知ることだが、観ている側としては色々想像してしまう。

彼の演じるジョニー・キャッシュは音楽の才能あれど、これがまたダメな男で、奥さん放ってジューン・カーターに入れ込むところや、父親への反発で子供じみた真似をするところなど非常に痛々しい。
十分に社会的成功を収めた彼がなぜ現状で満足しないのか?それは人間が決して満足をしない生き物だからということもあるけれど、自分のためにしか生きられない、彼という孤独な人間の性でもあると思う。

しかしそれにしてもジューン・カーターは素晴らしい女性だ。顔はウィレム・デフォーみたいだが、確固とした自分の世界があり、彼女に敵愾心を抱く保守的な人々の敵意にも負けず、周囲に対する思いやりに満ちている。そりゃジョニーのようなダメ男にしてみれば惹かれるのもわかる。よ~くわかる。

しかしジョニーのダメっぷりが上手に表現されているだけに、最後の締め方が個人的に納得いかない。ジューンとのゴールはジョニーが成長したときにこそ、果たされるべきものだと想うのだが…ああいう自分本位のやり方は成長してるとは言えないのではなかろうか。ロマンチックではあると思うのだが。
ジューン・カーターへの求婚は実際にああいう風だったのだろうか?だとすると人間というものは本質的には変わらない、という事なのかもしれない。

ジョニー・キャッシュの音楽を実際に聴いたことはないけれど
映画を見る限り、とても心地よい音楽だった。
機会があればぜひとも聴いてみたい。

walk2.jpg

一人でまっすぐ歩くことなんて、出来やしない。
スポンサーサイト

theme : 映画★★★★★レビュー
genre : 映画

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

●ウォーク・ザ・ライン 君に続く道 (WAlk THE LINE)

「ウォーク・ザ・ライン 君に続く道」「ジャーヘッド」「クラッシュ」を 三作品梯子なかなか ハードな一日を過ごした気がします!その三作品の中で一番泣いたのがこの作品「ウォーク・ザ・ライン 君に続く道」です。気

comment

Secret

この作品のホワキン泣けました

この作品 ホワキンにとって 色々自分の人生にかぶる部分が多く、演じていてかなり辛かったのではないかなと思ってしまったコブタです。
同じ不倫ものですが ブロークバックよりこっちのほうが純粋だと思えたし、感動できました。

>>コブタさん
ホワキンはグラディエーターの皇帝役とか、8mmの好青年役とかも演じていますよね。好きな俳優さんです。
その涙の向こうには何が?と想像させられましたね。
ブロークバック・マウンテンも近々観てみたいと思います。

ジョニー・キャッシュは純粋ではありますが、同時に弱い部分がわかりやすい人間だなぁと思いました。僕もそういう部分があるので(;・∀・)
社会的に成功した分、そういうった部分がより抑えきれなくなったのかなぁと思います。
ジューンとのその後の人生が彼にとって良い人生であったと思いたいです。
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
プロフィール

ちゃど

Author:ちゃど
ちゃど。結婚しました。
ゲームと映画が大好きです。
好きな映画は「ファイト・クラブ」
好きなアーティストは「Foo Fighters」
心のゲームは「クロノトリガー」「バーチャロン・オラトリオタングラム」

XBOX 360 ゲーマータグ

最近のトラックバック
リンク
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。