スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アモーレス・ペロス

amore0.jpg

DVD版
監督:アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ
出演:エミリオ・エチェバリア、ガエル・ガルシア・ベルナル
評価:★★★☆☆

メキシコのタランティーノというパッケージの宣伝文句に惹かれて借りてきました。しかしタランティーノよりはずっと濃ゆいという印象。
人間模様をシニカルとユーモアで描くのがタランティーノなら、この監督は人生への慟哭、そして受容を描いているといった印象です。

粗暴な旦那に苦しめられる兄嫁に恋する若者。妻と別れてまで愛する女と一緒になった壮年の男。妻と娘を捨てて反政府活動に身を投じた過去のある、浮浪者同然の身分となった殺し屋の老人。バラバラな人生を送る3人の物語をつないだのは一つの交通事故だった。

この映画は3人の物語を別々に語る形となっている。それぞれに共通しているのは3つの物語のそれぞれの登場人物が、皆「愛」についてのドラマを演じていること。

1話目の若者オクタビオは感情のおもむくままに兄嫁に恋心を抱き、大金を稼ぐために闘犬に手を出し、2人で町を出る計画を立てる。
若者独特の無鉄砲さ、純粋さ、そして他人を思いやれる程のゆとりのなさが、痛々しくも切ない。

2話目の夫婦は順風満帆で愛情に満ちていたはずの夫婦が、妻の交通事故による大怪我によって、2人の間に徐々に暗い影が差し始める。
そんな暗い状況の中、小さな感情の齟齬がやがて大きくなっていき、愛情の消失されていく様がありありと感じられる。

3話目は殺し屋である老人が犬と暮らすことで自分を慰めつつも、捨てた家族を忘れられず、自分を知らない娘の元に通い続ける。
娘に未練を持ったまま、人生の行き場を失った男。だが交通事故によって傷付いた犬を介抱したところから彼の人生が動き始める…。

ただ突っ走っても、また快調に歩いているようでも、どうにもならない運命の落とし穴というものはあると思う。そんな人生のどうしようもなさをこの映画の前半で感じることが出来る。そして後半ではそういったどうしようもない人生だけど、運命のキッカケによってまた未来へ歩き出すことが出来る、という監督からのメッセージではないかと思った。

3篇に共通して出てくる「犬」という存在。
犬は往々にして人の心を埋めてくれる。
彼らと共に歩んだり、また失うことで人は愛情の存在を実感することもある。
犬をキッカケにして人生が流転していく様は不思議と納得がいく。

この監督はきっと情に厚いタイプなんだろうなぁ。
ただ惜しむらくはさすがに3篇の熱い物語を3時間弱という長い時間でで見るのは、ちょっと重くて息切れがした。
3つの話が入り組んでいる時もあるので、それぞれを意識の隅で追ってる部分があったりして、一つ一つの話に没頭し切れなかったのが残念。

男性俳優陣にイイ男や渋いおっちゃんが揃ってる気がする。


amore.jpg

運命は残酷だけど、それでも人生は続いていく。
スポンサーサイト

theme : 映画★★★★★レビュー
genre : 映画

comment

Secret

メキシコの熱気を感じる作品ですよね

この監督の作品21gのほうが好きなのですが、こっちの荒々しいザラついた空気感って なんか引き込まれるものがあるんですよね。
一つの交通事故が生み出す 3つの物語、、どれが好きかというと人によって分かれるかもしれませんが 私は夫婦の話がなんか 身につまされる感じがして印象強かったです。

>>コブタさん
僕は最初スペイン映画かと思ったんですが、意外にメキシコ映画でした。メキシコってスペイン語の国でしたっけ。

最後のフレーズは21gのパクリです。
life goes on...の予告が耳について離れなかったので。
実は21gは未見なのですが。
僕は心情的には最初の話が心に痛かったですね。
幼い時は自分が全能であるかのように錯覚して、受け入れてくれないものをただ憎みます。自分の幼さで人を振り回してしまう。自分の理屈を押し付けてしまう。
人間の弱さを感じましたね~。

「シティ・オブ・ゴッド」でもこの作品でも感じたのは南米特有のどこか埃っぽく湿った熱気と汗の臭いでした。
作品からその国の風土、気候が感じ取れる瞬間って結構
好きだったりします。

ちなみにこの作品見てから私はガエル・ガルシア・ベルナルにハマッてたりしますw

>>kumaさん
kumaさん、どもです!
シティ・オブ・ゴッドは凄い映画でしたね。
陽気な地獄、というパッケージの表現がピッタリだったと思います。

画面全体からその国の人々や地域の特色というものは確かにあります。僕は特にお色気シーンの見せ方なんかでその国の特色が感じられるなんて思っちゃいますけどね!

日本の映画も外国の人から見たら、
「おお、日本の映画っぽいね~」という特徴があるのでしょうか?自分の家のにおいが気づきにくいように、日本人だと見慣れすぎていてわかんないところがありますけどね。

ガエル・ガルシア・ベルナルはいい男ですね。
ヒゲも似合いますがハゲも似合う。
プリズンブレイクの主演男性をちょっと思い出しました。



最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
プロフィール

ちゃど

Author:ちゃど
ちゃど。結婚しました。
ゲームと映画が大好きです。
好きな映画は「ファイト・クラブ」
好きなアーティストは「Foo Fighters」
心のゲームは「クロノトリガー」「バーチャロン・オラトリオタングラム」

XBOX 360 ゲーマータグ

最近のトラックバック
リンク
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。