スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウルトラヴァイオレット

ultra.jpg

名古屋109シネマズ
監督:カート・ウィマー
出演:ミラ・ジョボヴィッチ、キャメロン・ブライト
評価:★★☆☆☆

僕は良く109シネマズを利用するのですが、ここは幾つかある名古屋の映画館でもかなり良い映画館だと思います。駅からちょっと遠いのが難点ですが、何より人が少なめで落ち着いて見れることですね。とはいえ千葉東西線妙典駅そばのワーナーマイカルシネマズに匹敵する素晴らしい映画館にはまだ出会ってないのですが…千葉最高!ワーナー万歳!

架空の近未来。世界は奇怪な伝染病に侵されており、感染した人間は超人的な力を持ちながらも12年という短い期間で人生を終える存在「ファージ」となってしまう。ファージたちは通常の人間世界から隔離されたが、ファージたちは健全な人間たちの差別と排除に対して牙を剥く。一方人間側はファージ撲滅の最終兵器を開発することに成功する。その情報を聞きつけたファージは最強の暗殺者を送り込み、兵器の奪取を試みる。彼女の名はヴァイオレット。かつて人間の手によって我が子の命を奪われた過去が彼女にはあった。見事に兵器の奪取を成功する彼女だったが、その兵器の正体は彼女の予想だにしないものであった。

カート・ウィマー監督の「リベリオン」は非常に好きで本作もそれなりに期待していたのですが、今回は残念ながら前作には遠く及ばない出来だと感じました。
ミラ・ジョボビッチの美しい容姿と、細身の女性でありながら華麗な格闘演技の立ち回りを演じる姿は目を見張るものがありますが、肝心の物語の世界観はあまり深みを感じさせず、また緊張感を盛り上げたり、映画の世界に引き込む演出などもなく、非常に物足りなく感じました。
人間以上の力を手に入れながら短命であるファージの世界、感染を恐れながら無機質な世界に生きる人々、そういった「映画の中の世界」を全く感じることがないまま、ただただヴァイオレットの孤軍奮闘する姿を見ても、観客はアクション以外に心の置き所がないのです。

ミラ演じるヴァイオレットは「リベリオン」のプレストン以上に無敵な存在で、入れ替わり立ち代り現れる敵をバッタバタとなぎ倒してくれるのですが、動きの優美さ以上に面白みを感じないのは、感情移入しにくい薄味のストーリーと演出のありきたりさによるものだと思われます。
CGによる表現も、供給過多気味な現代のアクション映画と比較して意表を突くようなものではありませんでした。

とはいえミラの色とりどりに変化するレザースーツとロングのストレートヘアの美しさは一見の価値あり。刀を振りかざしてダンスのように華麗に動く様はミラならでは。アクションにおいては、ブツ切りのカメラワークでさっぱり動きがわからなかった「バイオハザード2」よりも、見所は多いです。

個人的にはミラ成分を十二分に補給できたのでまぁ満足です。


ultra2.jpg

宇宙人、超人、吸血鬼。次は何?
スポンサーサイト

theme : 映画★★★★★レビュー
genre : 映画

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ウルトラヴァイオレット

「リベリオン」のカート・ウィマー監督が、「バイオハザード」のミラ・ジョヴォヴィッチを主演に迎えて贈るSFアクション。驚異的な能力を持つ<超人間(ファージ)>とその撲滅を目指す政府が対立する近未来を舞台に、人間

●ウルトラ・ヴァイオレット(URTRAVIOLET)

あのリベリオンを制作したカート・ウィマー監督とミラ・ジョボビッチがタッグ組んだこの ウルトラヴァイオレットを観に行ってきました。「それは 理解を超えた世界。。。」という台詞で始るこの物語。。「「それは 

comment

Secret

ミラ

CMでいま盛んに放送されているので見てみたいなって思ってたんですよ。わたしはゲームから始まってバイオハザートのファンでして、当然のごとくミラのアクションと演技力、そしてあの語りにみごとに中毒になってしまったのです。

このごろ、ちょっと当たりの映画がないのですよ、わたし的に。何かに偏っていて、テーマが見えてこなかったり後味がわるかったり。

これからやるサイレントヒルは見ますか?
あの小説をよんだのですが、たぶんSAWみたいな映画になるだろうなという印象です。
しかもサイレントヒル2に結びつける演出で終わる。

まさしくどう苦痛を与えて残虐に殺すかが主題になっているような雰囲気ですね。
わたしはちょっと見れない雰囲気です。
チャドさんの解説だけやられてたら見よう!!

ああ、そうなんだ~!ちょっと期待してたのに・・・リベリオンはすげ~ツボにきたんだよね。あれは、ホント良かったのに。ていうか、最近映画館に行ってないや(笑)

>>さくらみかんさん
どもでーす。
僕はバイオハザードは友達から借りてやってみましたけど
怖すぎてすぐ投げ出しましたね(;´∀`)
どうもビックリ系に弱くてライフの前に精神力が尽きてしまいました。
とはいえ映画のバイオハザードは非常に面白くて2は映画館で見ました。サスペンス風味の1からアクション主体になりましたが、強いお姉さんが好きな僕は逆にミラにほれ込んでしまいました。

サイレントヒルは噂には聞きましたがどうでしょうね。
ホラー系が苦手な僕は、一人では見れるかどうか
自信がないです(;´Д`Aサスペンスは
全然怖くないんですがね~。

>>ボレロさん
リベリオンは面白かったですね。
あれも荒唐無稽な世界にガン=カタというありえない武術。
でもあちらはその中でもきっちりと世界や主人公の心情を観客に感情移入しやすい形で表現しており、非常に丁寧な作りだったと思います。そこがクライマックスでのカタルシスにつながると思うのですが、本作ではそこらへんはおざなりでビジュアル的な格闘劇に重きを置いてしまったようです。

でもミワはマジで綺麗なんで、9時からの木曜洋画劇場なんかでやってたら必見です。レンタルだと微妙です。

僕もみてきました♪

>供給過多気味な現代のアクション映画と比較して意表を突くようなものではありませんでした<

まったくその通りですね。
たしかにアクション主体にしても斬新さがあれば...
その点、リべリオンはまずまずだったんでしょうね。

どういうわけか逞しい脇腹が萌えどころだった、オッサンな僕。

こんにチワワ。

また観たいものをさき越されてしまいましたっ!!
やぱミラはいいですよねー女の私でも惚れます…もうエロカッコ良くて最高です☆
内容も結構楽しめそうですし暇みて行ってきます。
その前に『デスノート』『オーメン』見なきゃ!!!!
バイオ見てたんでしたら、Ⅲは多分来年の正月ですよ~

>>mottiさん
ミラの締まった腰まわりはなかなか魅力的ですよね。
ただ細いよりも色気があると思います。
僕も途中からミラが見れるならストーリーはまぁいっか的な
見方を途中からしておりました…。
僕も次第にオッサン化してることを痛切に感じております!

>>李美さん
ミラすごい美人ですよね~。
てかストレートの髪は反則だと思いました。
でもこの映画、ミラの顔がアップになると画像がぼやける
んですよね。シワ隠し?かとも思いましたが
ミラの顔がじっくり見れないのは残念でした…。
バイオ3正月ですか!有益な情報ありがとうですd(・∀・)

< F・エレメント、J・ダルク、バイオハザードと彼女は戦うヒロインがすっかり板に付いたようですね。スタントも無しで挑んだそうだったのに出来はイマイチでしたか。
私はあの冷たい顔がチョイ苦手なんですが、ミラって人気あるんですね(^^;) 
バイオハザードはゲームが最高に面白かったのでやや期待はずれでした。サイレントヒルもゲームは暗い内容ながら完成度の高い話で、主人公の心の闇がよく描かれている秀作だっただけに、映画でむしろその辺が描ききれるのか期待半分、不安半分です。 読んでから見るか、見てから読むかの時代ではなく、PLAYしてから見るか~の時代なんですね(^^)

>>りぼんねこさん
どもでーす。
ミラはたしかにちょっと常人離れした顔つきですよね。
でもその見た目の割には会見とか弾けてて面白いし
演技に対する思い入れとかやりこみが深いので僕は好きです。彼女はアクション映画を見るとその動きが自分にできるかどうかをまず思い浮かべるそうです。面白いですね!
バイオは僕はゲームのほうを詳しくは知らないので
そこが面白かった原因かもしれません。

最近ゲームの映画化が増えてますね。
そのうちドラゴンクエストとかも映画化しちゃうんですかね!
ファイナルファンタジーは映画化しちゃいましたが(;´∀`)

なんだか

ドナさんのキャラページ見てて
同じレベルでも、CONとSTRじゃここまでHP違うのかと。
シミジミ感じたよ(・ω・)

やっぱ、ナイトはCONのがいいのかねぇ(・ω・)

お久しぶりです

突然ですが、バトンを持ってまいりました。気が向いたらでよいので見てみてください。

「ウルトラヴァイオレット」、私の中では地上波で見れればいいか的な位置づけです。でもココの記事やコメントを読むとストレートヘアのミラ・ジョヴォビッチを観にいってもいいかなぁ、という気になります。時間があれば...。

>>ice waterさん
どもです!アイスさんのとこは良くうかがわせて
いただいてます。
X-MEN3楽しみですね!
見た目の良さではミラはこの映画が最高級だと思ってます。

バトンいただきます!またバトンいただけたらよろしく!

脚本 メチャクチャでしたよね。。

コブタも、みてきましたよ、、(--;

リベリオンの監督だけに ちょこっと期待していたのに見事に裏切られました。

でも ミラってこういう役は似合いますよね!強さだけでなくしなやかさを感じる身体、女性がみても惚れ惚れしてしまいます。それだけに もう少し 脚本をなんとかしてもらいたかったですねーー 

>>コブタさん
どもでーす。僕は男であるせいもあって
ミラをだけ見てれば楽しめるという部分もありましたが…
とはいえ、やっぱり物語に今ひとつ芯が感じられなかったですね~。

ミラと少年の心の交流をもっと感じられたら、評価はまた変わってくると思いますが…残念。

イーオン・フラックスとかぶってません?

おじゃましまーす☆
これイーオン・フラックスとなんだかかぶってないですか?
ミラ・ファンなら堪能できると思いますが、映画としては内容がなかったです(^^;)

>>meiさん
どもでーす。
イーオン・フラックスは未見なのですが
あまり良い話は聞きませんね。
女優はみんな素晴らしい役者ばかりだと思うのですが
良い脚本に恵まれていないのでしょうか。うーん
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
プロフィール

ちゃど

Author:ちゃど
ちゃど。結婚しました。
ゲームと映画が大好きです。
好きな映画は「ファイト・クラブ」
好きなアーティストは「Foo Fighters」
心のゲームは「クロノトリガー」「バーチャロン・オラトリオタングラム」

XBOX 360 ゲーマータグ

最近のトラックバック
リンク
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。