スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DEATH NOTE デスノート

death.jpg

名古屋駅前 ピカデリー2
監督:金子修介
出演:藤原竜也、松山ケンイチ
評価:★★★★☆

週間少年ジャンプで人気を博した連載漫画「DEATH NOTE」。僕自身は原作をパラパラと見かけた程度で、内容に関する知識は全くありませんでしたが、会社の同期の友人の誘いもあって、良い機会なので鑑賞することにしました。
映画とは全然関係ないのですが、最近会社の同期の連中と飲み会をした時に、ある一人の同期が「俺、デスノート持ってたら親父の名前を書いてますよ、絶対書いてやりますよ」という発言が忘れられません。一体彼と彼の親父の過去に何があったのか。

夜神月(やがみライト)は優秀な大学生で、人一倍強い正義感を持っていた。彼は法律で裁くことのできない悪人の存在を知りつつも、それをどうすることもできない自分と社会に憤りを覚える。そんな彼がある日偶然拾った一冊のノート「DEATH NOTE」。死神が戯れに落としたそのノートに名前を書き込まれた人物は、必ず死に至る。その効果を確かめたライトは、凶悪事件を起こした犯罪者達を、自らの信じる正義のためにデスノートを用いて抹殺していく。一方、次々と起こる犯罪者達の不審な死亡事故に対して、警察はICPOから派遣された「L」という男の協力を仰ぐ。不可能とも思えるこの事件の犯人の追及を、天才的な頭脳で推理していく男「L」。冷徹な頭脳と非情とも言える決断力で自らの正義を押し通すライト。知略を尽くした2人の戦いの行方は?

最近のニュースなどを見ると殺人事件のニュースが多いように思えます。テレビをつければ、誰が誰を殺した、遺族は悲しみに包まれており、被告は懲役何年。といった具合に。そういう悲しむべき現代の日常に対して、多くの人が鬱屈した感情を持っていると思います。

「DEATH NOTE」はそういった日本人の感情を発散させるという意味で、生まれるべくして生まれたような物語かもしれません。
憎むべき犯罪者を神のような立場に立って断罪する。それは人間としては倫理的に許されないかも知れませんが、多くの人は、ライトのような感情を心に抱いたこともあるでしょう。ライトはそういった人々の密かな願望を実現するダークヒーローだと言えます。自分の行為に対する自責の念や倫理的罪悪感をほとんど持たないという点でも、彼は願望の象徴たる「ヒーロー」としての存在をきっちりこなしていると思います。

この映画の面白さは、そういう背徳的な、しかし魅力あるダークヒーローと、それを追う「法」の側であるLや警察との知略を重ねた戦いにあります。観客はライトの行為に願望を重ねながらも彼の行為を倫理的に許せないと思う。その許せないと思う理性の代行者がこの映画の警察であり、Lだと思います。しかしあっさり理性が願望を押さえ込むのはつまらない。そこでお互いの頭脳を駆使した駆け引きが展開されていくわけです。

インターネットなどで「キラ」と噂され、祭り上げられていくライトなどの描写は非常にリアルだと思います。
またテレビのニュースのような画面の中で起こる「DEATH NOTE」の殺人などの演出は、現実の日常に則した世界のようで面白く感じました。

俳優陣では主演の藤原竜也がとてもいい。演技ももちろんだが、声などは迫力がありすぎて、最初吹き替えかと勘違いしてしまったくらい(笑)鹿賀丈史、松山ケンイチらも非常に魅力的なキャラクターを演出していた。ライトの妹役の女の子は誰だかわからなかったが、可愛らしくて良し!
中村獅童がCGで描かれた死神リュークの声を演じているが、これもCGのリュークという存在を含め、違和感なく世界観に溶け込んでいたと思う。

今回は前編で11月に後編が公開予定。今からでも非常に楽しみです。
エンディングではレッド・ホット・チリ・ペッパーの「ダニー・カリフォルニア」が使用されている。これもまた良し!

death2.jpg

あなたはデスノートを手に入れたらどうしますか?
スポンサーサイト

theme : 映画★★★★★レビュー
genre : 映画

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

●DEATH NOTE

人気少年漫画原作のDEATH NOTEを観に行ってきました。原作自身はコブタも好きでジャンプ連載時から夢中で読んでいたのですが、映画化が決まったときこれを映像化するとなると、大丈夫なのかな???というのが正直の感想であっ

comment

Secret

今すぐ行きたい!!

やっぱり良かったですか!!
これはダヴィンチを抜かしそうですねーー☆
もう俳優がコレまたピンポイントで漫画の方もオススメしますよ♪現在学校で大はやりです!!
私EDのレッド・ホット・チリ・ペッパの曲が凄い良いので借りに行かなきゃw
とにかく観に行きますです!!!!!

藤原達也

わたしは漫画で読んでいた口だったので、ライトを藤原達也か。と思っていたのですが、写真で見る限り、ライトの迫力と知性に溢れたダーク感は見事に演じられているようですね。
彼のすごさを感じますね。
ディークはどう描かれるのかと思ってましたが、違和感がなかったですか。
あの話をおもしろくしている、ほっと息をつかせる存在がデュークだと思うんですよね。
そのデュークを描きだせているなら一安心です。
本編も終わったようで、予想はしつつも不本意な終わりでしたが、仕方ナシです。あれしかなかっただろうし。
それにしても凄い人気の漫画でしたね。

最近は、ずいぶんお忙しかったみたいですね。俺とは対照的だ。お疲れ様です。
へ~!この映画けっこう面白いんですね。漫画と同じトリック使ってるのかな?確かにちょっと面白そう!見て見たくなったかも。でも、原作好きだと、ちょっと見に行くのが恐い気もするんですよね。そして、少年漫画という規制が強かったこの漫画。映画の方では、もっと人の倫理的部分も見せてくれるといいな~と思ってます。

どもです!

>>李美さん
そうですね。
映画がなかなか面白かったので
ちょっと原作にも手を出してみたいと思っています。
レッチリ良かったですよね。でも洋楽の新曲は
レンタルの許可が1年後なんですよ(;´∀`)
映画のサントラが出たら聴ける…のかな?

>>さくらみかんさん
どもです!
藤原竜也の映画は今回初めて見たのですが
なかなか目に力のある俳優で迫力はありましたね。
ダークヒーローと前述しましたが、まさにそんな感じです。
死神リューク(デューク?)は最初出てきた時には、なんじゃこりゃと思いましたが、違和感を感じたのは最初だけで、話が進むにつれ、重苦しい物語をやわらげる役目を果たしていました。多くの観客も彼の存在を楽しんでいたように思います。
ただ、単なるお笑いキャラでは終わらなさそうなのが彼の持ち味に思えます。

>>ボレロさん
最近は帰っては寝るばかりの日が続いて大変でした(;´∀`)
僕は原作を知らなかったので素直に楽しめましたが
原作を知る友人によると、ちょびちょび変更はあるようです。
またある知り合いの女の子は「Lがイメージと違う(ので見ない)」とも言ってました。
デビルマンを普通に連載していた昔ならいざ知らず、今の少年ジャンプではダークヒーローを描くのは難しそうですね。
しかし映画のライトも原作に負けず劣らず性格が黒いそうなので、なかなか楽しめるのでは、と思います。

TBコメントありがとうございました!

ちゃどさん こんにちは!
あら ちゃどさん読まれていなかったのは 意外でした!
この作品 予想では駄目かな~と不安だったのですが、観てみたら思いの他 出来がよくすっかり楽しんでしまいました。

とても 後編が楽しみです!

原作では ラストが微妙だっただけに コブタも映画は原作を超えた最後にしてもらいたいです!


>>コブタさん
どもでーす。
一応デスノートっていう漫画の存在は知ってたんですけど
読んだことはなかったんです。
今回も誘いがなかったら特に見に行く予定もなかったんですが
見てみると、なかなかどうして話に引き込まれました。
どうもあのエンドロール後のアレを見ると
映画はどう転ぶかわかりませんね!

ご無沙汰してます~(^^)/~~
10日ほど更新がなかったときは、心配しましたよー。
ご無理なさらず、適当に行きましょ♪

おぉ!デスノート見に行きましたか!
気になってはいるんだけどね~。

原作は最初の頃は凄くおもしろくて読んでたけど、
最後の方は・・・もう・・・ねぇ・・・?って感じでした(笑)
だから、映画もどうなのかな~と思ったのですが、よさげですね。
しかも前後編ってところが、力入ってる感じで。

やっぱり見る方向で行こう。うん。

>>あずさん
どもです!おひさです!
いやぁいつもこんなんです。
来てくれてる皆さんに大感謝です。

映画はなかなか楽しかったです。
ただ漫画に思い入れが深くて
「このキャラはこうじゃなくちゃダメだー!」という
こだわりがあると、ちょっと難しいかもです。
僕は予備知識ゼロだったんで、素直に楽しめたかもです。
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
プロフィール

ちゃど

Author:ちゃど
ちゃど。結婚しました。
ゲームと映画が大好きです。
好きな映画は「ファイト・クラブ」
好きなアーティストは「Foo Fighters」
心のゲームは「クロノトリガー」「バーチャロン・オラトリオタングラム」

XBOX 360 ゲーマータグ

最近のトラックバック
リンク
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。