スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キング・コング

king.jpg

109シネマズ名古屋
監督: ピーター・ジャクソン
出演: ナオミ・ワッツ、ジャック・ブラック
評価: ★★★★★

当ブログでの映画館における映画初レビューは、あのロード・オブ・ザ・リングで名高いピータージャクソン監督の「キングコング」!
公開時期から考えると今さらキングコング?な感があるけれども、
ぱっと見たいなぁと思ったのがこれくらいしかなかったので、これにした。
映画館は「ロードオブ・ウォー」もここで見た109シネマズ名古屋。

1933年アメリカ。映画監督のカール・デナム(ジャック・ブラック)はある計画を頭に描いていた。それは世界地図に載っていないと言われている髑髏島で冒険映画を撮るという計画である。しかし彼の無謀な計画に出資する後援者はなく、主演女優にも逃げられてしまう。そんな時、デナムは職を失った美しい舞台女優アン・ダロウ(ナオミ・ワッツ)に出会う。一目見て彼女を気に入ったデナムは、彼女を主演女優に決めると撮影のための航海に出る。しかしデナムの想像以上に島は恐ろしい魔境だったのだ。一行を待ち受けていたのは見知らぬ巨大な遺跡と残忍な原住民だった。からくも命拾いをした一行だが、アンは原住民たちに拉致され、島に住む巨大な怪物(キング・コング)への捧げ物にされてしまう…。

本作品は1933年に作られた「キング・コング」のリメイク。
オリジナルを見たことのない自分だけれども…これは面白い!
ピータージャクソンの作品の特徴として、「映画の中の世界」に対する、執念とも思える作りこみが挙げられると思うが、それが本作品でも十分に活かされていると思う。
監督は、まるで実在するかのような「未知の魔境」を映画の中に作り上げてしまった。
不気味な原住民や巨大な恐竜、昆虫たち、そしてキング・コング。
劇中で、崖の間でブロントザウルス?に追いかけられるシーンがあるのだが、そこで恐竜同士が押し合いへし合いする迫力は圧巻の一言。
また粗野で乱暴なキングコングがアンに心を開き、穏やかになっていく過程も実に見事。ただのCGであるはずの、コングの豊かな表情や純粋な想いに、心を惹かれるものがあった。それだけにアンとコングの心の交流が観ている側にもよく理解できるし、またクライマックスでは非常に切ない気持ちになれる。
登場人物たちも、皆それぞれの個性がきちんと出ていたと思う。
特にデナムの異常なまでの映画への執着は、監督本人の心情も交えているのではないか?と思うぐらいすごかった。
ピーター・ジャクソンの底力を見たような気がした1本だった。

しかし欲を言えば、もう少し短くできなかったのだろうか。不必要とまでは思わないが、3時間長はさすがにキツイ。恐竜との格闘シーンやコングと出会うまでの前半部分は、もう少し削れたような気もする。世界観を作りこんでいるのが監督の特徴だと上に書いたが、その弊害と言えるかもしれない。
あと、個人的に昆虫が気持ち悪すぎ!ロード~のシェロブどころではない。リアルすぎる巨大ムカデや巨大カマドウマは正直、正視できなかった。
これもCGの発達による弊害かなぁ…。

あとスタッフ・ロールを見ていたら
これもロード~同様、ニュージーランドで撮影していたらしい。
さすが大自然の宝庫ニュージーランド。中つ国と髑髏島が同居する国。

king2.jpg

↑思い出のキングコング初体験
魔境どころか世界中に怪物がいる!おそるべし。
スポンサーサイト

theme : 映画★★★★★レビュー
genre : 映画

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

■〔映画鑑賞メモVol.7〕『キング・コング』(2005/ピーター・ジャクソン)

うーん、はや、Xマス・ウィークですねぇ...幸い、今年のクリスマスはイヴの日を真ん中にしての三連休!お互いに良きクリスマス、三連休にしたいものです!!こんばんは、ダーリン/Oh-Wellです。いやはや、私事ながら、私め、先週の中ほどから妙に忙(せわ)しさが増すば

キングコング

キングコングみた!http://www.kk-movie.jp/top.htmlロードオブザリングのピータージャクソン監督作。3部作で全部3時間近い大作というあのシリーズはアレはアレで良かったけど自分的にはもう

制作裏話「キング・コング」

CGコングを画面上に出現させるため、モーション・キャプチャーとキーフレーム・アニメーションが採用されていますが、コングのライブ・アクターだったアンディ・サーキスはオリジナル版が公開された当時より、現代の観客はゴリラについて多くの知識を持っていることを勘定

comment

Secret

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
プロフィール

ちゃど

Author:ちゃど
ちゃど。結婚しました。
ゲームと映画が大好きです。
好きな映画は「ファイト・クラブ」
好きなアーティストは「Foo Fighters」
心のゲームは「クロノトリガー」「バーチャロン・オラトリオタングラム」

XBOX 360 ゲーマータグ

最近のトラックバック
リンク
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。