スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マッチスティック・メン

mat.jpg

DVD版
監督:リドリー・スコット
出演:ニコラス・ケイジ、アリソン・ローマン
評価:★★★☆☆

玄人詐欺師のロイは極度な潔癖症に悩まされていた。ある日症状を抑える薬をうっかり捨ててしまったロイは、相棒フランクに紹介された精神分析医から、症状の原因が自分自身の過去にあると指摘されたことをきっかけに、14年間会うことのなかった娘アンジェラと再会する。奔放で快活な娘に振り回されながらもロイは精神的な安定を取り戻す。しかし好奇心の強いアンジェラはロイの仕事に興味を持ち始める…。

「ロード・オブ・ウォー」では武器商人を演じているニコラス・ケイジが、本作では詐欺師だが極度な潔癖症というおかしな役柄を好演。今回は毒のある悪人面や狂気に染まったような演技はないけれど安心して鑑賞できる。
一方14歳の娘役のアンジェラ演じるアリソン・ローマンは当時の実年齢が24歳!!正直とても24には見えない。これは容貌だけじゃなくて俳優の演技力でもあると思う。美しさはそれほどでもないけれど、全国の父親が「こんな娘いたらいいなぁ」と思うような元気な娘。
これで24ってある意味犯罪だ(?)

思いがけず、アンジェラと共に生活するロイだがいくつかの障害と交流を通して父親としてあるべき姿を模索していくようになる。そしてある出来事をきっかけに、ついに引退を決意するのだが…。

この映画にはある種の映画にあるようなオチがまっているわけだが、正直心情的に納得いかないのは、やはりそのシーンまで登場人物に善人が多いと思っていたせいだろう。思い悩むニコラス・ケイジの立場で色々真面目に考えてしまった自分としては腹が立つ部分もある。しかしそんな自分を省みてみると、実は自分は詐欺に引っかかりやすい人間ということなのかも…?
いや、全てはアンジェラの可愛らしさのせいだろう。
最後のシーンはほっとすると共に、楽しい夢を見た後のような切なさも残る。

総評:楽しかったが腹の立つ映画。


mat2.jpg

男には絶対勝てない相手が3人いる。母親と妻、そして娘。
スポンサーサイト

theme : 映画感想
genre : 映画

comment

Secret

これ、いろんな意味でビックリしてしまう作品ですよね!
コブタも若干ラストむかつきましたが、まともな生活を初めて、初めて本当に安らいだ顔でいる主人公の姿みたら、これで良かったのかなと思いました。
でも、、最大の詐欺は、、アリソン・ローマン20超えて 14歳の少女の役!そこですよね!(^^)

>>コブタさん
ラストは本当にq( ゚д゚)pブーブーブーって感じでしたが
そう思った理由はだまされただけでなく、「それは今までのことを考えるとちょっと無理があるじゃないの」という感想もあったためです。
でもニコラス・ケイジも幸せだったから良かったのかなぁ。
アンジェラは根は悪い子ではないと信じたいです。
いろんな意味で僕らはアリソン・ローマンが出てきた瞬間から
騙されていると言えるわけですね。
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
プロフィール

ちゃど

Author:ちゃど
ちゃど。結婚しました。
ゲームと映画が大好きです。
好きな映画は「ファイト・クラブ」
好きなアーティストは「Foo Fighters」
心のゲームは「クロノトリガー」「バーチャロン・オラトリオタングラム」

XBOX 360 ゲーマータグ

最近のトラックバック
リンク
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。