スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ナッシング

not.jpg

DVD版
監督:ヴィンチェンゾ・ナタリ
出演:デビッド・ヒューレット、アンドリュー・ミラー
評価:★★★☆☆

エンターテイメントで特に面白いのは、普段自分たちが「あんなこといいな、できたらいいな」と思うことを実際に目に見える形で実現させてしまうことにあると思う。だから藤子F不二夫は凄いのだ!
とっても大好き!ドラえもん。

行動家だが実が伴わずいつも空回りしている自己中心的な男デイブと、内向家を通り越して家から一歩も出れないひきこもりのアンドリュー。世間のはみ出しものである彼らは高速道路にはさまれた家で共同生活を送っていた。しかしそんな2人にも災難が訪れ、ついに家から追い出されそうになる。彼らが世の中の全てが嫌になり「消えてくれ」と願った瞬間、なんと家の外の世界の全てが消えてしまう。

あの「CUBE」の監督ヴィンチェンゾ・ナタリが手がけた不条理コメディこと「ナッシング」。最初は外の世界をおっかなびっくり探る二人だが、やがて心配事がなくなると好き放題に遊び始める。だがそのうち2人の間に問題が発生して…という持ってき方がやはり人の内面心理を重視するCUBEの監督らしい。
役者がそのままの名前だったり「この映画は事実である」というくどいくらいの説明は突飛過ぎる内容を観客についてこさせるための仕掛けだろうか。

この映画はコメディではあるが、爆笑ものという類ではなく、むしろいつ殺伐とし始めるかわからない奇妙な空気の中の、乾いた笑いというタイプだと感じた。笑えることは笑えるんだがなんだか怖いぞこの映画。アンドリューの白塗りはマジやばい。

2人きりの閉じた世界という中では、だんだん2人とも自意識が肥大していく。2人の感情が摩擦を生み、衝突があり、そして最後に本当の気持ちが残るという成り行きは至極当然な結末といえる。
だいたい男2人が世界に取り残されたら10中8、9衝突するものだ。そしてその後ほぼ確実に仲直りする。形や世界は変だがこれもある意味男の友情物語ってことかな。

それにしても急にXBOXの対戦格闘ゲーム「デッド・オア・アライブ」をやりだしてびっくり。北米で人気があるということは知っていたけど…。
「2ラウンド設定?あんなに投げ食らったらもうKOでしょ。ジャン・リーのパンチ連打は投げだからボタン連打しても意味ないよ!」などと本筋とは関係ないところで盛り上がった自分。
製作スタッフも格闘ゲームにはまってたのかな?

結局なぜ世界がこんなことになり、2人があのようになってしまったのかは全く説明が無いし、終わり方も全く説明は無いけれど、こういう他の要素を切り取って対象人物と設定だけに絞るという撮り方は面白い。監督の独特の世界観が味わえる映画。



not2.jpg

「外」に出るものは心に鎧をまとわなくてはいけない。
スポンサーサイト

theme : 映画★★★★★レビュー
genre : 映画

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

●ナッシング(NOTHING)

ここのところ シリアス気味な映画が続いていたためか、、軽めのものを観たくなって 先日購入した「NOTHING」をDVDで鑑賞しました。「この映画の中の出来事は真実であ

comment

Secret

こんばんは(・ω・*)お邪魔します
この映画ヴィンチェンゾ・ナタリ(ちょっと言い難い・・)が監督した
映画なんですね。昔CUBE2見て面白いなあと思った記憶あります、
この監督って本当、独特ですよね。
もっと色んな映画が見たいと思っていた頃なので
この映画もちょっと気になりました(・ω・ )

これおもしろそうですよね。
今度レンタルで観よう見ようとおもいつつしばらく経っている状態です。
ナタリ監督のカンパニーマンも面白かった!
ポスト・リンチと僕の中では位置づけているんですが...。

>>Araco*さん
どもです!
ヴィンチェンゾ・ナタリってかなり言いにくいですよね。
最初フランス人か何かと思ったらカナダ人のようです。
CUBE2は実はナタリ監督ではないんですよ。
僕はCUBEしか見たことないので、いずれ2も見てみようと思います。
ナッシングは90分程度の映画なんで
気軽に見てみるのもいいかも知れません。

>>mottiさん
この映画は賛否両論分かれそうですが
映画自体の雰囲気は好きです。
端的に言うと閉じられた空間で2人が右往左往するだけの話なんですけどね。
ただちょっと悪趣味かなぁ。
デヴィット・リンチの作品はロストハイウェイを昔見たのですが
まるで悪夢のようでよくわからなかったです。
今もう一度見たら感想変わるかも。

こんにちは!
ヴィンチェンゾ・ナタリさんって コブタがけっこう好きな監督さんなんですよね~

この発想 この映像 流石だと思ってしまいました!

コメディーなんですが 深く観ようとしたら 色々意味深にもみえるその世界観いいですよね~。

ただ、、評価はかなり 別れると思いますが コブタは好きでした!

>>コブタさん
どもでーす。
この監督はCUBEでも思いましたが
とても面白い作品を撮りますよね。
冒頭でも書きましたが藤子不二夫先生を思い出しました。
「もしもなんでも消す能力を持ってしまったら?」
さいごに2人が消しあったときにくだらないプライドやわだかまりも消してしまったのかも知れないですね~。
僕も好きな世界観です。
でも白塗りはびびった…。生首も。

再びコメントすみません。CUBE2は
同じ監督ではなかったんですか・・(゜ ゜;))
TVで放映させてたのをたまたま見てただけなので、
なんか知ったかみたいになってしまいました(笑)
ちなみにCUBEは見た事は無いのですが、機会があれば
こちらもナッシングも借りようと思います(・v・*)
ありがとうございました!

>>Aracoさん
全然問題ないですよ!
同じシリーズなのに監督ポコポコ変わっちゃうほうがややこしいですよね~。
ナッシングはどちらかいうとほんわかしてますが
CUBEはちょっと怖~い作品です。
でもとても面白い作品なので機会があればぜひ見てみてね!
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
プロフィール

ちゃど

Author:ちゃど
ちゃど。結婚しました。
ゲームと映画が大好きです。
好きな映画は「ファイト・クラブ」
好きなアーティストは「Foo Fighters」
心のゲームは「クロノトリガー」「バーチャロン・オラトリオタングラム」

XBOX 360 ゲーマータグ

最近のトラックバック
リンク
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。