スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

RIZE

rize.jpg

センチュリーシネマ
監督:デヴィット・ラシャペル
出演:トミー・ザ・クラウン、タイト・アイズ
評価:★★★★★

黒人俳優がかっこいいなぁ~と思い始めたのは「ブレイド」を見てから。
ダンスにあこがれたのは「たけしの元気が出るテレビ」で「ダンス甲子園」を見てから。
身体能力とリズム感に優れた黒人が、彼らの才能を肉体的表現で放出する様は、非常に爽快だ。

アメリカ、L.A.サウスセントラル。黒人たちが住むこの地区は昔から暴動や犯罪が絶えない。子供はそんな劣悪な環境で育ち、ギャングとなる。大人になった彼らを待つものは死か監獄だ。トミー・ザ・クラウンはそんな環境を憂い、ピエロとなって子供達にダンスを教え始める。娯楽ではない。技術ではない。顔にペイントを塗り、自身の心を踊りで表現する「クラウン・ダンス」。ダンスは彼らの心の支えとなり、貧しい環境から己を立ち上げる力となる。この映画はそんな彼らの姿をとらえたドキュメンタリーだ。

「この映画におけるダンスは早回しではありません───」
冒頭に流れる注意書きは、この映画におけるダンスの激しさを物語っている。普通の若者が、子供が、女性が、肉体を駆使して踊る、踊る、踊る。彼らはいわゆるブレイクダンスのようにアクロバティックなダンスを目的としているわけではない。だが、彼らの肉体の動き全てを駆使して表現する激しいダンスは、観る者を熱くさせる。その興奮が周囲の者にも伝染し、ダンスとダンス、表現と表現のぶつかり合いに発展していくのだ。彼らを突き動かしているものは、環境への怒りか?悲しみか?それともアフリカの民族に受け継がれている血脈だろうか?あるいはその全てか。
父を失っても涙を流さなかった青年が、海に向かってひたすら踊るシーンは、人間の心情を表現するものが決して涙や言葉だけでないことに気づかされる。

この激しくも熱いダンスを見ていると
トミー発祥の「クラウン・ダンス」を離れ、より激しくお互いの自己主張をぶつけあう「クランプ・ダンス」が生まれたのも、流れとしては当然かもしれない。
トミーの率いる「CLOWNS」と、タイト・アイズ率いる新しいダンス集団「KRUMPERS」は「バトル・ゾーン」という大会を開催し、そこでお互いのダンスをぶつけ合うことになる。これがまた熱い!
まず冒頭で火花を散らすCLOWNSのラ・ニーニャとKRUMPERSのミス・プリッシーの女性同士のダンス・バトルでノック・アウト。両者一歩も譲らぬダンス・バトルに観客の大歓声。その後も「CLOWNS」「KRUMPERS」両者の一触即発の空気の中で次々と新しい戦いが繰り広げられる一連のダンスシーンは、一瞬たりとも目が離せない。画面からほとばしるその熱気に、まるで自分自身も熱狂する大会の観客になったような気分だ。

ただこの大会の顛末を見ると、犯罪と暴力の道を避けるために発展したクラウン・ダンスが、集団が大規模になり組織化してくるにつれ、他のグループとの争いや犯罪などから無縁ではいられなくなるのではないか…という一抹の不安も感じた。彼らの精神が集団の中にしっかりと根付いていてほしいと強く思う。

「ドラムライン」でもそうだったけど、やっぱり黒人のリズム感やセンスって凄い。素人ですらあんなに高いレベルという事実に驚愕する。ダンスを志す人もそうでない人も絶対に観て損は無い、熱くなれる映画です。


rize2.jpg

目は口ほどにものを言う。ダンスは口以上に全てを語る!
スポンサーサイト

theme : 映画★★★★★レビュー
genre : 映画

comment

Secret

<次々と見ていらっしゃるようで 感想や評価を読んでいるだけでも 頷いたり はて?と考えさせられたり とても楽しいです
<ダンス映画 私も大好きです パワーが貰えますよねv-343

>>ribonnekoさん
どもです!
僕の視点はいつも偏ってるので自分でも感想書くのに苦労します。特につまらなかった感想書くよりも良かった感想書くのが難しいですね。
もっと精進して行きたいと思います。
この映画は…ほんとにすごいです。
気がつくと観ながら体が動いちゃいますよ。

初めまして!
私も映画観るの大好きなんです!
今は忙しくて、週に1~2本観れたらいいところですが・・
すごく詳しく感想が書かれていて共感するところもいっぱいでした。
この映画は観た事がないのですが・・
黒人さん俳優さんなのでしょうか?私も黒人好きです♪
ブレイドの【ウェズリー・スナイプス氏】も好きデス。
また、寄せてもらいますね!

コナツさん、はじめまして!
僕も映画観るのは大好きです。
共感していただける部分があって嬉しいです。
もっともっと精進していきたいと思いますm(__)m
この映画はMTVの紹介風ドキュメンタリー映画、といえばよいのかな?
俳優ではないのですが、撮り方が上手いので俳優なのかな?と思ってしまいますね。
冒頭の感想の書き方が誤解を招きますね…(--;

ウェズリー・スナイプスは大好きです!
もっともっとアクション映画に出て欲しいんだけどなぁ。
でも年ですし、難しいんでしょうね。
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
プロフィール

ちゃど

Author:ちゃど
ちゃど。結婚しました。
ゲームと映画が大好きです。
好きな映画は「ファイト・クラブ」
好きなアーティストは「Foo Fighters」
心のゲームは「クロノトリガー」「バーチャロン・オラトリオタングラム」

XBOX 360 ゲーマータグ

最近のトラックバック
リンク
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。