スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロング・エンゲージメント

long.jpg

DVD版
監督:ジャン=ピエール・ジュネ 
出演:オドレイ・トトゥ、ギャスパー・ウリエル
評価:★★★★☆

最近見てる映画がアクションやサスペンスなどに偏っているなぁと思い、癒しと愛のロマンスを求めて借りた本作。
しかしその期待はいい意味で裏切られた。

時は第一次世界大戦後のフランス。
幼いころ両親を亡くし、病気により足が不自由になったマチルド(オドレイ・トトゥ)は、戦地に行った恋人マネク(ギャスパー・ウリエル)の死を知らされる。彼の死を信じる事が出来ないマチルドは、マネクの死の真相を調べ始める。戦争中、マネクは精神的に疲弊し、自ら負傷して戦場から去ろうとしていたのだ。その罪に問われ、同じ罪状を背負った他の4人の兵士と共に、ドイツ軍との中間地帯に放置されたことをマチルドは知る…。

この映画におけるマチルドという人間はとても偏屈な性格だ。頑固で思い込みが強い。そんな彼女が恋人は死んでない、という思い込みの情念一つで恋人の真相を追跡していく。彼女が真相を追跡していくうえで出会う様々な人々は、暖かさに満ちていて、それぞれの過去を背負いつつもマチルドの助けとなるよう努める。それにひきかえ合間合間にはさまれる戦場シーンの回想は凄惨で、爆発や銃弾が飛び交い、死体が累々と横たわる様が、戦争が生む悲しさ、恐ろしさを実感させる。

この映画は恋愛映画として見るとイマイチかもしれないが、マチルダという人間と彼女に関係する人間の群像劇としてみると、とても面白い。
マチルドは偏屈で他人に理解されにくい人間だが、それ故に自分を愛してくれた恋人を忘れることが出来ない。その情念はある意味狂気にも通じている。だがその狂気が彼女を行動に駆り立て、普通ではありえない道を切り開いていく。劇中に出てくる流れ行く風に逆らう頑固なアホウドリは、まるでマチルドそのものだ。
長い長い道のりの末、彼女がたどりつく静かな情景は、胸を打つものがある。

ただ恋人マリクの生死の真相を追跡していく過程は、映画としてテンポが良い、を越えて少し早すぎると思う。入れ替わり立ち代り登場する人物と職業とその関係者を、一度見ただけで把握できたらたいしたものだ。僕は途中から誰が誰やら把握できないので何となく流してみていたくらいだ。一応、人間関係が把握できなくても金田一少年の謎解き部分や、「アカギ」の麻雀部分のように、適当に流して見ることは可能な部分ではある。この映画の魅力は謎解きではなく、この映画に流れる独特の雰囲気にあると思うからだ。

今漫画で例えてみたが、この映画のとても漫画っぽい箇所が随所にある。やたらに個性的で楽しい脇役とか、話の上であってもなくてもいいような変わった小道具とか、回想のはさみ方などとても漫画的だ。そういえば「ジェヴォーダンの獣」や「ヴィドック」もそういう部分がある。フランス映画にそういう傾向があるのだろうか? さらっと色気のあるシーンが出てくるのはフランス映画の特徴だろうけど。

ジョディ・フォスターに良く似た女性が出てきたので
「へぇ~、ジョディによく似たフランス人もいるもんだ」
と思ったらまさか本人だったとは…。


long2.jpg

「君の鼓動が…聞こえない」「そっち右胸だし」
スポンサーサイト

theme : 映画★★★★★レビュー
genre : 映画

comment

Secret

こんにちわっす^^
今、面接終えて帰ってきたばかりです。
この監督の映画って好きなんですよね。ロストチルドレン面白いっすよ。まあ、好き嫌いはあるかもしれないけど。
まだ、この映画は見てないんで、今度見てみます(^^)v

ども!
僕はここ数日結果待ちの状態です。やはり緊張しますね。
僕はジャン=ピエール・ジュネの映画はこの映画が初めてです。
「アメリ」は話題になりすぎて見てないんですが
話を聞くに、この映画もおそらくアメリに似たつくりになっていると思います。
「ロストチルドレン」機会があれば、見てみますね。

わたしも最近この映画みたんですよ。
前半、え?ってなりましたね。これってこんなにグロイ戦争もの?って。

わたしはマチルダを育ててくれたおじさん、おばさん夫婦に惚れちゃいましたね。

暖かくて、まるで赤毛のアンのマシューとマリラのよう。
犬のおならも最高でした!!

ロングエンゲージメント

前半、え?ってなりましたね。これってこんなにグロイ戦争もの?って。

わたしはマチルダを育ててくれたおじさん、おばさん夫婦に惚れちゃいましたね。

暖かくて、まるで赤毛のアンのマシューとマリラのよう。
犬のおならも最高でした!!

これって 期待高めにいきすぎたせいか、、ややガッカリした作品でした。

面白いことは面白いのですが、、ヒロインの行動が 演技がオーバーすぎて態とらしく見えてしまうのが残念でした!
アメリのときは そんな演技で嵌っていたんですがね~

「君の鼓動が…聞こえない」「そっち右胸だし」
笑ってしまいました~

あ。。 あと、、 また 経験バトンというのが回ってきました><
面倒でしたら スルーしてくださっていいので!!名前書かせていただきました!

>>さくらみかんさん
さくらみかんさんも見てましたか。
戦争シーンは予想以上にすごかった…。
プライベートライアンをちょっと思い出しました。
おじさんおばさん、探偵の人、砂利を蹴散らす郵便屋さん。調達屋のおじさん
この映画に出てくる人は面白い人ばかりですよね。

>>コブタさん
急におっさんにビンタ食らわしたり…とかですかね?
そういうところがこの映画が漫画っぽいと感じる部分かもですね。
まぁ、あれがもし男だったら僕は星は二つ下げたと思います。
女の子だから素直に応援できたのかも。

一言コメントは実は感想以上にいつも悩んでいたり…します(笑)

バトンありがたくいただいていきますね
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
プロフィール

ちゃど

Author:ちゃど
ちゃど。結婚しました。
ゲームと映画が大好きです。
好きな映画は「ファイト・クラブ」
好きなアーティストは「Foo Fighters」
心のゲームは「クロノトリガー」「バーチャロン・オラトリオタングラム」

XBOX 360 ゲーマータグ

最近のトラックバック
リンク
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。