スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レミーのおいしいレストラン

remy01.jpg
8月某日 名古屋109シネマズ
監督:ブラッド・バード
声の出演(吹替え):岸尾だいすけ,佐藤隆太,甲斐田裕子

ピクサーの映画はもう映画館のラインナップには常連になっているイメージがありますが,僕はこれが初のピクサー作品鑑賞になります。
僕は最初,人間のほうがレミーだと思ってました。

<ストーリー>
ネズミのレミーはネズミでありながら美食家であり,素晴らしい味覚と料理のセンスを持っていた。ある日レミーは人間に追われ,下水で仲間とはぐれてしまう。孤独になった彼を元気付けたのは,尊敬する今は亡き人間のシェフ・グストーの幻覚だった。グストーの進められるままに地上へ上ったレミーの目に映ったのは,パリのグストーのレストランだった。そこで働く料理のセンス皆無な若者リングイニに出会ったレミーは,リングイニを通して自分の料理のセンスをレストランで活かし始める。
前述の通りピクサーの作品を観たのは初めてだったんですが,見た目はころころと愛らしい映像なのに,しっかり話を作りこんであってビックリです。一応アニメ(?)なのに構成が映画そのものなのは,やはり映画の国の作品だからでしょうか。

リングイニの帽子に隠れたレミーのセンスで,たちまち人気になるレストラン。リングイニと先輩であるコレットの仲も急接近し,全てはうまく行くかに思われた…が,レミーが仲間たちを食品の倉庫へ連れ込んだことでリングイニとレミーの間に亀裂が入ってしまう。折りしもそこへ辛口の料理評論家イーゴが評判の上がったグストーの店に来訪することに…。

「情熱さえあれば誰でもなりたいものになれる」「それならネズミでも?」というのがテーマだが,こういう夢の実現をテーマに据える所が非常に米国の作品らしさを感じました。ネズミというのはものの例えで,全ての環境に生まれた人間に対するメッセージだと感じました。

結末の締め方が非常に興味深いです。
この映画の主人公はあくまでレミーです。僕ら人間が感情移入の対象であるリングイニたちはあくまで脇役に過ぎないのです。リングイニの成功ではなく,レミーの夢の実現こそを結末に持っていくところに作り手の信念を感じました。
あの結末は,常識から考えると受け入れ難いものかもしれませんが,その感覚こそ僕らの現在の常識の枠組みというだけで,新しいものに対する衝撃が去った後は,案外それが受け入れられるかもしれません。

評論家のイーゴが最後に締める言葉は,誰の目を楽しませるでもない駄文をだらだら書き殴っている僕ですら身につまされました。こんな役立たずのウンコみたいな文章ばかり書いて自分は何をやっているのか?
でも…やっぱり好きなんですよね。いやウンコじゃなく。
というわけでめげずに辛口を加えます。

美味しいものを食べると,イメージが脳内に広がっていくという描写が使われていましたが,その道はすでに日本のアニメ「ミスター味っ子」が通過している道であります。
またCGの凄さも実写と見紛うばかりに発達してきましたが,まだまだ見た瞬間に「美味しそう!」と思えるほど肉感・ジューシーさを映像にすることはできてないなぁと思いました。

でもレミーたちネズミの可愛らしさは抜群。
お兄ちゃんとお父さん,いい味出してます。いや料理の素材としてではなく。

評価:★★★☆☆

remmy02.jpg
良い子のみんなは「ネズミ 病原菌」でググっちゃダメ。
スポンサーサイト

theme : レミーのおいしいレストラン
genre : 映画

comment

Secret

「批評」については僕も同じことを思いました。実際映画批評をしているブロガーさんたちの殆どがその感想を述べてますね。
もしかしたら一枚ウワテなこの映画の製作側が「映画を批評することに似てる」と安易に思い浮かべてくれるように仕向けたのかと思ったりw

どもです。
そういう含みはある気がします。
米国なんかは批評家がゴマンといそうですし
白黒のつけ方は日本よりハッキリしてそうですから,製作側も批評家に対しては意識する部分があると思います。

批評家からの立場に立ったメッセージもありましたね。「新しいものを素晴らしさを世に広める義務がある」(うろおぼえ)そんな一助を担えるかは別ですが,いい言葉だな~と思いました。
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
プロフィール

ちゃど

Author:ちゃど
ちゃど。結婚しました。
ゲームと映画が大好きです。
好きな映画は「ファイト・クラブ」
好きなアーティストは「Foo Fighters」
心のゲームは「クロノトリガー」「バーチャロン・オラトリオタングラム」

XBOX 360 ゲーマータグ

最近のトラックバック
リンク
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。