スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スキャナー・ダークリー

scan.jpg
監督:リチャード・リンクレイター
出演:キアヌ・リーブス,ウィノナ・ライダー
評価:★★★★☆

久しぶりにアニメでも見たいと思って手に取った本作。
キアヌ・リーブスが主演というのは噂で聞きかじっていたので
いつか鑑賞しようと思ってました。
ウィノナ・ライダーが観れる?だけでも貴重。

(ストーリー)
アメリカ。近未来の世界では凶悪なドラッグ「D」が蔓延り,人々は荒廃していた。ボブ・アークターは覆面麻薬捜査官として麻薬の流出ルートを探るべくドナ,バリス,ルックマンらに近づき,彼らを陰で監視していた。しかし彼らとドラッグを服用しながら同時に自分を偽り,監視し続ける生活は彼自身の精神をも蝕んでいった…。

このアニメ映画はロトスコープという手法で,実際の役者に対してアニメを重ね合わせるという手法で作成してるらしい。おかげでアニメなのに役者がリアルにクネクネ動いて不気味な感じ。退廃的で微妙に狂ったこの映画にはよく合っていると思う。

実写を基にしているのにアニメをかぶせる、というのは「何だセット予算の節約か」と思わんでもないが、改めて見直すとこのロトスコープという方式は,画面から余分な情報がカットされて実に観やすい。最近の映画の映像技術に感じるように「どうせCGだろ」などとわざわざガッカリする必要もない。観客は素直に話だけに集中できるわけだ。

蝕まれたジムの精神は虚構と現実の間をさまよい始める。このドラッグに侵された描写が「虫」を基調としていて微妙に生理的嫌悪をかき立てられる中で,ジムとバリスとルックマンという常軌を逸したキャラクター同士の軽妙な掛け合いが面白い。破滅へ転げ落ちていくストーリーに毒々しい花を添えてくれる。「トレイン・スポッティング」なんかにも通じるものがある。

一見、ムチャクチャな物語に思えるが,それなりにきちんと話は構成されていて、終盤でフムフムそうだったのかと思わせる優しい作り。



scan2.jpg

最近のゲームは妙にリアルで困る。
スポンサーサイト

theme : 映画★★★★★レビュー
genre : 映画

comment

Secret

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
プロフィール

ちゃど

Author:ちゃど
ちゃど。結婚しました。
ゲームと映画が大好きです。
好きな映画は「ファイト・クラブ」
好きなアーティストは「Foo Fighters」
心のゲームは「クロノトリガー」「バーチャロン・オラトリオタングラム」

XBOX 360 ゲーマータグ

最近のトラックバック
リンク
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。