スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CODE46

code.jpg

DVD版
監督:マイケル・ウィンターボトム
出演:ティム・ロビンス、サマンサ・モートン
評価:★★★☆☆

近未来。社会は完全に管理され、大都市は外の世界と隔絶されている。人々が都市を移動するにはパペルという証明書が必要である。そのパペルが上海で偽造された。上海へ調査に赴いた調査員ウィリアム(ティム・ロビンス)は、犯人がパペル発行所で働く作業員マリア(サマンサ・モートン)であることを突き止める。マリアは偽造したパペルで多くの人間を密航者を送り出していたのだ。だがマリアに惹かれたウィリアムは虚偽の報告をし、彼女を救う。マリアと一夜を過ごし、帰国したウィリアムを待ち受けていたのは、偽造されたパペルが発見され、再度調査に赴く命令だった…。

近未来の世界を舞台にしたラブストーリー。
舞台のほとんどである上海の雑然とした様子が「ブレードランナー」を思い起こさせる。
「ミスティック・リバー」のティム・ロビンスも知的で落ち着いた中年男を良く演じているし、ヒロインのサマンサも神秘的で物憂げな女を上手く表現している。恵まれているはずの大都市が非常に無機質的で、追放された人々の集まりであるはずの外界が、生き生きとしているギャップの世界観も面白い。

<以下少しネタバレ
しかしながらこの映画の題名である「CODE46」が単なるラブストーリーの障壁でしかないところが非常に物足りない。「code46」とは、極めて近い遺伝子を持つものとの性交及び、妊娠を禁ずるというもので、マリアはその法律に引っかかってしまっため、記憶と妊娠を消去されてしまう。マリアはウィリアムの母のクローンであったのだ…。
ここは映画的に非常に重要な部分であると思うのだが、映画はあまりそのあたりの葛藤に触れず、二人のラブストーリーとしてそのまま展開していく。

しかしクローンという現実でも実現する可能性であるテーマを扱っていながら、それについて全く触れないのは、近未来という舞台設定の存在意義が問われるし、だいたいマリアが母のクローンという事実には、一切話が踏み込まれない。ていうか少しは悩めよウィリアム。
記憶を失う、という事実も二人の世界にあまり広がりがないので、たいして障壁になっていないのも微妙。
管理された社会の将来起こりうる悲劇というものを描きたかったのかも知れないが…でも、管理されてる割にはそういう悲劇が起こるってのも変な話だと思う。
演出は良かったと思うが世界観の作りこみが足りなかったのではないか。
エンディングでコールドプレイが「warning sign」を歌っているが
全体的に切ない物語の雰囲気に良く合っている。

パッケージには「一級のサスペンス」といった紹介文が書かれていたが
別にサスペンスの要素は全くなかった。そんなんでいいのか?
code2.jpg
スポンサーサイト

theme : 映画★★★★★レビュー
genre : 映画

comment

Secret

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
プロフィール

ちゃど

Author:ちゃど
ちゃど。結婚しました。
ゲームと映画が大好きです。
好きな映画は「ファイト・クラブ」
好きなアーティストは「Foo Fighters」
心のゲームは「クロノトリガー」「バーチャロン・オラトリオタングラム」

XBOX 360 ゲーマータグ

最近のトラックバック
リンク
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。