スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最後の恋のはじめ方

saigo.jpg

DVD版
監督:アンディ・テナント
出演:ウィル・スミス、エヴァ・メンデス
評価:★★★★☆

むかしむかし、当時の会社の同僚に恋愛の相談を持ちかけられました。
同僚「俺、年上の彼女にフラれちゃったんですけど、諦めきれないんですよ。どうやったら元の鞘に納まりますかね?」
ちゃど「そうだね。今までの話から総合すると、少し距離を置いてお互いを見つめなおすといいんじゃないかな。」
同僚「わかりました!アドバイスありがとうございます!」

一ヵ月後、2人は完全に別れました。

でも2年付き合ってた彼女から別れ切り出されたらもう無理でしょ。彼女も限界だったんだよ。だいたい悪いのはお前だよ、お前。もっと彼女大切にしろよ。
…ごめんなさい。僕は最低です。慣れないアドバイスなんてしなきゃ良かった(;´Д`)

ニューヨーク。ヒッチ(ウィル・スミス)の仕事はデート・コンサルタント。女性に接することの苦手な男をサポートし、恋愛を成就させることが彼の仕事だ。彼が今回請け負った仕事は財団の代表たるセレブ・アレグラに恋をした会計士アルバートの恋のお手伝い。高嶺の花を追うには欠点の多すぎるアルバートだが、ヒッチは多くの助言で彼をサポートする。一方、芸能記者のサラはアレグラのスキャンダルを追っていた。仕事人間で男性に興味のなかった彼女だったが、バーで偶然出会ったヒッチのアプローチを受けて彼に惹かれていく…。

物語の筋そのものは目新しいものではなく、いたって単純なものだ。恋愛のアプローチ上手でサポートはうまいが、自分の恋になると相手に対して一線を引く。そんな男が劇的なドラマを乗り越えて自分の心に正直になる。サポートする側だった男が、逆にサポートした相手から真実を得るという展開もベタといえばベタ。しかし素晴らしいのはその描写の丁寧さにある。

ヒッチ自身は女性へのアプローチに自信を持っているつもりだが、本当の彼は内気で不器用な男だ。冒頭の格好悪い彼こそが本当の彼なのだ。恋愛で失敗した彼は、その傷を自覚しながら他人へのサポートでそれを埋めようとしている。だから彼は不器用だが真面目な男だけをサポートし、よこしまな考えを持つ男の依頼は受けないのだ。

しかし彼の本当の心は他人に対して常に閉ざしたまま。心を開き自分をさらけ出すことを恐れている。ジョークや恋愛の駆け引きは彼にとって心の壁なのだ。だから、それを破られると激しく動揺し、みっともない姿をさらす。彼の一番見せたくない姿を。

そんな複雑な男が、最後には自分の気持ちにただ素直になり、彼女に向かって一心不乱に駆け出すというのはベタな展開ではあるが、そういった壁を作っている男が自らの心をさらけだし、無様にあがく姿が僕は大好きだ。

男はデートに出かける前に必ず一日のプランを必死で練る。
でもプラン通りに行った試しはないし、実際、本当に楽しいデートはマニュアル通りではないデートだと思う。

後半、サラが謝るのはちょっと早いかな、と思った。
ヒッチに比べてサラという人間の描写が甘いところがちょと残念。
彼女が男に対して不信感を抱き、線を引く理由が知りたかった。

ウィル・スミスの軽すぎず、渋すぎずの爽やかなキャラクターに好感。登場人物も約1名をのぞいて気持ちの良い人ばかりだった。
個人的には女性はもとより、男性も観た方が楽しめる映画だ、と思った。

saigo2.jpg

見るなといわれても僕は唇ばかり見てしまう。
スポンサーサイト

theme : 映画★★★★★レビュー
genre : 映画

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

●最後の恋のはじめ方(Hitch)

ちょっと体調が良くないので 今週末は家で映画をのんびりみることにしました。だるい体には、楽しくハッピーな物語がいいかなと思い、この「最後の恋のはじめ方」を鑑賞しました。恋愛に対して不器用ゆえに悲しい恋

comment

Secret

最大のアドバイスは 色々策を巡らすのではなく

素直に相手に自分の愛を表現し、相手としっかり向かい合って語り合えということですよね~


この作品 ベタな物語ですがそのベタなだけに素直にみることができますよね。

コブタも サラの行動はどうも納得いかなかったです。
おっしゃるとおり サラがヒッチに比べ魅力を感じませんでした、、。

>>コブタさん
コブタさんの言うとおりだと思います。
ただ、僕はヒッチと共通した部分が少しだけあって、なかなかしっかり向き合うのが不慣れだったりします(笑)だからこそヒッチの姿に共感し、最後の姿に嬉しさを感じました。

サラはなんであんな冒頭から「男なんて~」という態度だったのか僕は気になりました。そこらへんもしっかり追及してくれたらもっと面白かったのになぁ、と。

あの暴露はちょっと酷かったですねぇ。
ヒッチ及びモテない男に共感する僕としては
そりゃないよ~と叫びたくなる展開でしたw
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
プロフィール

ちゃど

Author:ちゃど
ちゃど。結婚しました。
ゲームと映画が大好きです。
好きな映画は「ファイト・クラブ」
好きなアーティストは「Foo Fighters」
心のゲームは「クロノトリガー」「バーチャロン・オラトリオタングラム」

XBOX 360 ゲーマータグ

最近のトラックバック
リンク
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。