スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アレキサンダー

alex.jpg

DVD版
監督:オリバー・ストーン
出演:コリン・ファレル,アンジェリーナ・ジョリー
評価:★★★☆☆

ほとんどの男が最初に出会う異性の対象は母親であり,生涯その影から逃れることは出来ない。では影から逃れられない男はどうするのか? 母親の影を真正面から受け止めるか,もしくはとにかく逃げ続けるしかないのだ。そしてアレキサンダーは後者の人間だった。

アレキサンダー、小国マケドニアに生まれながら大国ペルシアを打ち破り、エジプトを越え,インドまで東征を果たした希代の英雄。しかし彼という人間は,英雄としての側面とは裏腹に,血生臭い王族の確執と激しい気性を持った母親によって孤独な人格が形成されていた。そんな心を埋めるかのようにヘファイスティオンとの愛を深め,東征にのめりこむアレキサンダー。しかしマケドニアの貴族や兵たちは,ただひたすらに理想を追い続ける彼を徐々に見離していく。

アンジェリーナ・ジョリーの演じるオリンピアスの演じる母親の強烈さはすごい。彼女という人間の力強さは脆弱な息子の心を食い尽くしている。アレキサンダーは母親を愛しているがゆえに母を憎みきれないのだが,母という人間が強すぎるために,彼は母を殺すことも受け入れることも出来ず,ただひたすら逃げたのだ。

オリバー・ストーンは女が怖いのか嫌いなのかは不明だが,女性への恐怖によって男が陥る心理をアレキサンダーという主人公を通して克明に描いている。アレキサンダーが女性への興味より男性への愛が深かったのもその心理の影響だろう。父フィリッポスですら常に妻オリンピアスを恐れ,警戒している。

現実に絶望していたアレキサンダーは,理想の世界を追い求める事しかできなかったのだろう。
しかし孤独すぎる彼という人間を,周囲の普通の人間達は理解できないし,アレキサンダーという人間も背負った業が重すぎて,周囲の人間達が当然抱く心情を理解できない。彼は思春期のまま大きくなってしまった人間なのだ。

そういう話がだいたい3時間ぐらい延々と続くので,少しお腹いっぱい。

アレキサンダーの孤独性は理解できるが,それだけではアレキサンダーという前人未到の偉業を作り上げた人間像としては不足な気がする。迫力を持って描かれた数多の戦争を乗り越えるには,この映画のアレクサンダーは繊細すぎるように思える。

コリン・ファレルは当初,金髪のひ弱な少年が大人になった途端,急にマッチョになって何じゃこりゃ、という印象を受けたが,垂れた眉毛が幸いしてか,芯の弱いアレキサンダーを上手に表現できていたように思う。

ロザリオ・ドーソン演じるロクサネはかなりセクシー。
しかし女としても一筋縄ではない彼女を見るに,そこにも監督の女性への畏怖の念が表現されているように思うのは考えすぎだろうか?

alex2.jpg

こんな母ちゃんいたら嫌だなぁ,という母ちゃん
スポンサーサイト

theme : 映画★★★★★レビュー
genre : 映画

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

アレキサンダー

20歳で王になり、たった10年で世界を手に入れたアレキサンダー。彼の栄光と孤独、波乱万丈の人生を壮大なスケールで描いた歴史スペクタクル大作。当時の美しい地中海の世界に限りなく近づけた映像美も魅力。また、32歳という短い生涯を終えた王の謎にも迫る作品。

comment

Secret

No subject

アンジー好きとしては見ておかねばということで、レンタルしてみました。
これはおもしろいことはおもしろかったですが、後半、救いがなさ過ぎてちょっと退屈しちゃったかな? という感じでした。

なんだろう。最後の戦いでぞうさんのお鼻をぶったぎっちゃうシーンがありましたよね。あれが異常にかわいそうで、ぞうさんを痛めつけないで!!と思った覚えが。

日本人だからか、戦いに使う動物 イコール 馬 ぐらいしか思いつかなかったので、凶暴なぞうさんは想像だにしていなくて、ちょっとびびりましたね。

アンジーは美しいだけに、確かにこの母を受け入れることは相当に覚悟がいることだろうと思いました。
男色のお相手の彼が、結構お気に入りでした。

No subject

>>さくらみかんさん
どもでーす。
のっけからこりゃ鬱になるだろうなぁという出だしで
後半予定通り鬱になるようなお話でありました。
なんか人間が斬られるよりも動物が斬られると
残酷に感じてしまいますよね。
人間は勝手に戦争したくてしてますけど,動物はそうじゃないですもんね。

母を受け入れるということは
自分の弱さや人生を背負うという「業」を背負うことだと思います。
そういう意味ではアンジーという母を持ってしまったコリンファレルは
すごく高いハードルを背負ってしまったのだと思います。
何よりアンジーはコリンよりも自分の理想を愛していましたからね。
あ、本物のアンジーはボクも大好きです。これはあくまで役のお話です。
まぁ,もうちょいあの母ちゃんがブサイコならば息子もあんなに
トラウマになることもなかったかもですが。
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
プロフィール

ちゃど

Author:ちゃど
ちゃど。結婚しました。
ゲームと映画が大好きです。
好きな映画は「ファイト・クラブ」
好きなアーティストは「Foo Fighters」
心のゲームは「クロノトリガー」「バーチャロン・オラトリオタングラム」

XBOX 360 ゲーマータグ

最近のトラックバック
リンク
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。