スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本沈没

nihon2.gif

8月27日 名古屋109シネマズ
監督:樋口真嗣
出演:草なぎ剛、柴咲コウ
評価:★★★☆☆

中学生の頃、学級文庫で筒井康隆の「農協月へ行く」という短編集が学級文庫に指定されていまして、その中に「日本以外全部沈没」という短編があり、元ネタを知らないながら面白かった覚えがあります。なお、この「農協月へ行く」という短編集、中身の何篇かは鬼畜同然なエログロなお話もあり、中学生が読むには相当問題があると思われます。どこのけしからん奴が学級文庫に指定したのやら。GJ。

現代日本。内閣は米国の調査で日本列島は30年内に沈んでしまうと報告を受ける。しかし海洋調査を専門とする田所博士(豊川悦司)の研究では、1年で海中に没する事が判明する。次々と国外へ脱出する日本人たち。そんな中、田所の下で潜水艇の操縦士として働く小野寺(草なぎ剛)は、田所の警告を聞き、イギリスへ逃亡しようと考える。しかし彼が想いを寄せるレスキュー隊員玲子(柴咲コウ)はあくまで残った人々を救うために残ることを決意する。

とにかく映像の迫力が凄い。日本が沈むだけあって大地が物凄い勢いで割れたり、火山が大噴火したり、山からゴロゴロ石が落ちてきたり…と日本を襲う天災の大迫力。こらあかんわ。そら沈みますわ。
水没の影響を避けて山へ登っていく被災者の姿は、現実の火山噴火や大地震による被災者の姿と重なるものがあり、胸に迫るものがある。

物語は首相を失った中、国民を国外逃亡させることに奔走する、政府の高官役である大地真央パートと、被災地を巡る草薙パートに別れて描かれている。大地真央自体の演技はそれほどでもないけれど、この人とにかく綺麗。20年前に別れた田所の世話を焼くところなど、きりっとしたところとのギャップが良い感じ。萌え~というやつ。

ただどうもこの映画、日本を舞台にしているのに日本がピンチという実感がない。お偉方が国外脱出している姿を見てフェンスをつかんでワーワー言ったり、集団でスーパーを荒らしていく人々の姿は、どうにも漫画的だ。また、いかにも学会の問題児的な田所の姿や、絵に描いたような紋切り型の悪人政治家。そういった漫画的な要素がこの映画から緊張感を削いでいるような気がした。
天災の迫力や被災者たちの苦しみが痛々しい分、どうも物語の筋書きの安易さとのチグハグ感が否めない。

また主人公である草なぎ剛もキャラクターにほとんど主体性が無く、被災地紹介の役目しか果たせていない。柴咲コウとの恋愛も被災の中で紡ぐ愛としては少々緊迫感に欠けており、陳腐な流れに眠気を誘われる。

そういうわけで総体的に観て、パニック映画としては面白かったけれど、それ以外の点はあまり見るべきところはない映画だった。

一つ気になったのは、沈まんとする日本に残ることを決意した人々の言葉。「昔育った砂浜を子供に見せたくて…」「夫がいた土地だから…」
という具体的ではあるけども、やや婉曲と感じた表現。

やっぱり日本が沈没するという映画の中でも
「俺はこの国が好きだから」とかいうセリフは厳禁なのかな。
右傾化刺激するような言葉は避けたほうがいいってことかなぁ。
お寿司食べるだけで「日本に生まれてよかった~」と感じてしまう僕には、ちょっと靴の上から足を掻くようなもどかしさがありました。

渋谷の109が崩壊する姿を、109シネマズで鑑賞できるとは思わなかった。非常にシュール。

nihon.jpg

とりあえず北朝鮮に逃げるのはやめとけ。
スポンサーサイト

theme : 日本沈没
genre : 映画

comment

Secret

Re: 日本沈没

<私はこの作品はまだ見ていませんが(見ないと思う)オリジナルのほうは見ました。でも原作があまりにも壮大で沢山の人たちのドラマが一つ一つ丁寧に描かれているのをたかだか2,3時間の映画にまとめるのは、無理な気がします。恋愛や天災やいろいろ盛り込みすぎなのかな?日本の映画ってこういうスペクタクルなものが何故かチャチな仕上がりになってしまうんですよね。ドラゴンヘッドとか、漂流教室とか。
予算に問題があるのか、監督の手腕なのか、セカチュウや今会いのような生活に根ざした、心の機微の分かるもののほうが良作が多いように思います。
それにしてもちゃどさんのレビューって分かり易くていつもウンウンと納得してしまいます。Mr.&Mrs,スミスも鑑賞後、こちらのレビューを見ましたが、まったくその通りで嬉しくなってしまいました(^^)

Re: 日本沈没

>>りぼんねこさん
どもでーす。僕は原作は全くの未見でした。
たしかに日本の実写映画では壮大な方向の映画を作るのは難しいんでないかと思います。土地柄もありますし。逆にりぼんねこさんの言うとおり、細やかな情感を重視した物語などは秀逸なものが多い気がします。

しかしこの映画、大地が割れるインパクトなどはなかなか凄かったです。それだけにドラマ部分が普通すぎて退屈してしまったのですが。

ほめていただいてありがとうございます!
でもいつも読み返すたびに自分でなんじゃこりゃと思ってます。これからも頑張ります~。

遅れましたが、バトン受け取って行きますね。

日本沈没は予告の映像しかみてないのですが、確かに迫力はすごいなと思いました。でも予告の段階ですでに大分陳腐さは出てましたよね。
紋切り型の悪人代官的な官僚とただ逃げ惑うだけの国民という構図が、ミエミエ。それでもいいのだけれど、それをおもしろくさせる要素が欲しいところですね。

ところで本当に日本は沈没することがあるのでしょうかね?
確かに日本はあらゆるプレートのつなぎ目の上にある国ですからね。怖いです。

>>さくらみかんさん
バトン受け取ってもらえてどうもですー。
映像的には凄かったので,一見の価値はあると思います。
ただ話の筋立てとしてはあまりに普通すぎることと
深刻な災害と、演出の漫画的な部分がチグハグだったところが微妙でした。
邦画としては普通の部類に入るんじゃないでしょうか。

日本ほどの巨大な島が沈没するとなると周辺諸国のみならず、
全世界の気候などにも大影響を与えるような気がします。
沈没するかどうかはわかりませんが
沈没して欲しくないですね。この国が好きなので。
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
プロフィール

ちゃど

Author:ちゃど
ちゃど。結婚しました。
ゲームと映画が大好きです。
好きな映画は「ファイト・クラブ」
好きなアーティストは「Foo Fighters」
心のゲームは「クロノトリガー」「バーチャロン・オラトリオタングラム」

XBOX 360 ゲーマータグ

最近のトラックバック
リンク
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。