スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウルトラヴァイオレット

ultra.jpg

名古屋109シネマズ
監督:カート・ウィマー
出演:ミラ・ジョボヴィッチ、キャメロン・ブライト
評価:★★☆☆☆

僕は良く109シネマズを利用するのですが、ここは幾つかある名古屋の映画館でもかなり良い映画館だと思います。駅からちょっと遠いのが難点ですが、何より人が少なめで落ち着いて見れることですね。とはいえ千葉東西線妙典駅そばのワーナーマイカルシネマズに匹敵する素晴らしい映画館にはまだ出会ってないのですが…千葉最高!ワーナー万歳!

架空の近未来。世界は奇怪な伝染病に侵されており、感染した人間は超人的な力を持ちながらも12年という短い期間で人生を終える存在「ファージ」となってしまう。ファージたちは通常の人間世界から隔離されたが、ファージたちは健全な人間たちの差別と排除に対して牙を剥く。一方人間側はファージ撲滅の最終兵器を開発することに成功する。その情報を聞きつけたファージは最強の暗殺者を送り込み、兵器の奪取を試みる。彼女の名はヴァイオレット。かつて人間の手によって我が子の命を奪われた過去が彼女にはあった。見事に兵器の奪取を成功する彼女だったが、その兵器の正体は彼女の予想だにしないものであった。

カート・ウィマー監督の「リベリオン」は非常に好きで本作もそれなりに期待していたのですが、今回は残念ながら前作には遠く及ばない出来だと感じました。
ミラ・ジョボビッチの美しい容姿と、細身の女性でありながら華麗な格闘演技の立ち回りを演じる姿は目を見張るものがありますが、肝心の物語の世界観はあまり深みを感じさせず、また緊張感を盛り上げたり、映画の世界に引き込む演出などもなく、非常に物足りなく感じました。
人間以上の力を手に入れながら短命であるファージの世界、感染を恐れながら無機質な世界に生きる人々、そういった「映画の中の世界」を全く感じることがないまま、ただただヴァイオレットの孤軍奮闘する姿を見ても、観客はアクション以外に心の置き所がないのです。

ミラ演じるヴァイオレットは「リベリオン」のプレストン以上に無敵な存在で、入れ替わり立ち代り現れる敵をバッタバタとなぎ倒してくれるのですが、動きの優美さ以上に面白みを感じないのは、感情移入しにくい薄味のストーリーと演出のありきたりさによるものだと思われます。
CGによる表現も、供給過多気味な現代のアクション映画と比較して意表を突くようなものではありませんでした。

とはいえミラの色とりどりに変化するレザースーツとロングのストレートヘアの美しさは一見の価値あり。刀を振りかざしてダンスのように華麗に動く様はミラならでは。アクションにおいては、ブツ切りのカメラワークでさっぱり動きがわからなかった「バイオハザード2」よりも、見所は多いです。

個人的にはミラ成分を十二分に補給できたのでまぁ満足です。


ultra2.jpg

宇宙人、超人、吸血鬼。次は何?
スポンサーサイト

theme : 映画★★★★★レビュー
genre : 映画

映画検定受けてきました

というわけで映画検定4級受けてきました。
会場は名古屋。中部大学名古屋キャンパスです。
試験開始時間は10時半だったのですが、勢いあまって10時5分前ぐらいに到着。
しかしそれでも多くの人が並んでいて、びっくりしました(;・∀・)
主催者側も予想外の混雑に若干戸惑っているようでした。

ともあれ10時過ぎには動きがあり、それぞれの受験票に載っている
受験する会場の場所へと無事入室することができました。
何気に問題集を持参している人も多かったです。
僕も昨日購入した1300円くらいの問題集をペラペラめくってました。

4級という一番受験しやすい級のためか
受験している人は、20代~30代くらいの人が多かった気がします。
男女とも半々くらいで大学生や高校生ぐらいの人も沢山いました。
いわゆる濃ゆいマニアっぽい人ばかりではないかという想像は
大外れでした。
僕の思っていた以上にこの検定は知名度があったということかな?

で、肝心の問題はというとこれがなかなか本格的なマークシート方式で
企業の就職試験として出てくるSPIなどに似ています。
監督する人が2名いて、不正などもきっちりチェックしていました。
試験時間は45分。問題は確か50問くらいで(問題は持ち帰れません)
普通に解いていけば15分ほど時間が余る作りになっています。

試験の内容は問題集から4,5割ほど問題が出ていて、勉強しておけば
それなりに点数を取れるようにはなっています。
しかし問題は洋画、邦画、韓国映画について、そして今昔を問わず浅く広く問われるので、見る映画が偏ってる僕には、結構難しかったです。
今ザザッと調べたら早速2問間違えたことがわかったので
まぁ合格は厳しいと思われます(;´∀`)

一番最初の問題がティム・バートンの手がけた映画を答えよという
問題だったのですが、今年見たビッグ・フィッシュがそのまま出てたのは印象深かったです。見といてよかったティム・バートン。

そんなわけでなかなか楽しかった映画検定でした。
第2回もあるそうなんで、次の試験はもっと頑張りたいですね~。

theme : 映画検定
genre : 映画

今週末の予定

待ちに待った週末です。
明日は「ウルトラヴァイオレット」の鑑賞。
明後日は映画検定を受けてきたいと思います。

最近スーパーマンリターンズが気になります。
デスノートを劇場で見た人は映画館で予告編を見たかもしれませんが
なかなか期待させる出来のように感じました。
新生スーパーマンの演技やいかに?

superman.jpg

theme : ヽ(´ー`)ノ
genre : 日記

椎名林檎嬢歌詞バトン

バトン強化週間ラストはAracoさんからいただいた
椎名林檎嬢歌詞バトンです。

だってカートみたいだから、私がコートニーじゃない。
それなら俺はデイブじゃない。え?違う?

1.あたしはあなたの前じゃさめざめ泣いたりしないでしょ。あなたなら?

俺は滅多に泣かないけど映画では泣きます。
「感じない日々を補うための映画ならば泣けるのに」
と、これは平井堅でした。

2.蝉の声を聞くたびに目に浮かぶものは?

九十九里浜~!じゃないね。
歌舞伎町の女王、昔歌いました。恥ずかし~。
夏、少年時代を思い出しますね。

3.あなたなら約束は要る?要らない?そしてその理由は?

約束のために生きていける。そんな時もあります。
でも約束に縛られるくらいならないほうがいいかもってときもあります。
まぁ色々です。

4.あなたはすぐに写真を撮りたがる。どこで?なんの?

これは撮っとかないと、みたいなヤツはよく撮ります。
珍しいものとか面白いものとか。
ブログのネタになりそうなものはよく撮ります。
携帯のカメラのおかげで便利な世の中になったものよ。
そして携帯で眠り続ける写真。ダメじゃん。

5.何屋の彼女(彼氏)になってみたい?

真剣に考えてみたけれど難しいね。
こう、人とは違った経験をした職業の子とかおもろいかもわからんね。
服屋とかなら服とかいっぱいもらえるんかな。
すし屋とかでもいいね。

6.嗚呼しくじった、しくじった、まただわ。

恋に破れること数知れず。

7.なんて大それたことを夢見てしまったんだろう。

ビル・ゲイツを超える金持ちになってしまった!
ハッ、夢か。

8.新宿は豪雨。そこで働いているあなた。どういう訳か傘を忘れてしまった…。どうする?

女の子の同僚を探してカサに入れてもらう。
男はスルー。

9.終電で帰るってば。

この前終電の電車で女の人が
紫色のゲロをぶちまけてました。コエーよ。

10.あなたにとっての幸福論とは?

お釈迦様は糸を張りすぎず緩めすぎず、と言ったけど
限界まで張ったり逆にダルダルになるまで緩めないと
その「ほどほどが良い」っていう境地までたどり着けないんだよね。

だから人間、年食うまで、何でもやってみて失敗して
苦しいこととかも笑い飛ばして生きていけばいいと思うんだ。
で、そんな日常が実は幸せだったりするんじゃないかと思うワケだ。

林檎好きな人、バトン持ってってください!
てか林檎だけど採用してるネタはエロさ控えめだよね(笑)

theme : バトン
genre : 日記

自己紹介バトン

バトン消化週間、第2弾は
コブタさんよりいただいた自己紹介バトンです。
今さらですが自己紹介させていただきます。

■1:回す5人を最初に書いておく
・あずさん
・ボレロさん
・りぼんねこさん
・meiさん
・コナツさん

■2:お名前は?
ちゃどです。
ニッケルバックのボーカル、チャド・クルーガーから引用しました。
ニッケルバックは凄く良いバンドでパワーがあって好きです。
ちなみにチャドは世界で一番セクシー「ではない」男6位に選ばれました。
理由は「でかい顔に変な髪形」だそうです。負けるなチャド。
ちなみに僕の本名は名字がちょっと変わっていて
なかなか同じ人は見たことないです。名前みたいな名字です。

■3:おいくつですか?
20代!四捨五入はしたくない…。
まだまだ先はあるさ!

■4:ご職業は?
社会人。今は会社の意向でテクニカルライターやってます。
ちょっと前は設計を学んでいて、その前はパン屋でした。
謎な経歴だ…。

■5:ご趣味は?
映画が一番好きだけど本読んだり、ゲームしたり。
本は小説が主で、ゲームは色々。
今はカルドセプトっていうカードゲームがお気に入りで
今度XBOX360買っちゃいそうな勢い。
後は音楽聴いたり、かなぁ。

■6:好きな異性のタイプは?
魅力的な性格の人かな。
魅力的ってなんじゃ!あいまいすぎ!って感じだけど
こう、話しててひかれる性格ってのが確かにある。それのこと。
うん、わからん。

あとコブタさんの→「あと一緒に楽しくご飯が食べれる人! 」
これ重要!
僕は食べ歩きが好きなんで、おいしいお店で喋りながら
楽しい時間が過ごせる人が大好きです。

■7:特技は?
なんじゃろう。最近ものまねがウマイと色んな人によく言われる。
でもそんなに上手だとは自分では思えんのだけど…。
あとカラオケは並以上には歌える自信ある。何この微妙な自己主張。

■8:何か資格をもっていますか?
普通免許。しかも…AT限定。
映画検定受かりたいなぁ。資格じゃないけど…。


■9:悩みが何かありますか?
大半が恋の悩み。

■10:好きな食べ物と嫌いな食べ物は?
【好きな食べ物】
クリーム系、チーズ系の食品全般が好き。パスタ大好き。
肉類は全般的に好き。うどんには格別のこだわりアリ。
【嫌いな食べ物】
いっぱいありすぎ。自他共に認める偏食。
ナスとかダメっす。煮物とか…味噌漬けとか…漬物もダメだな。

■11:あなたが愛する人へ一言。  
いつも冷たすぎなんだよ!
メール返ってくるのも遅すぎ!てか返ってこないし!
おめー自分で思ってるほど美人じゃねーぞ!バーカバーカ!
大好きだ!

■12:回す人5人を指名すると同時に、その人の他者紹介を簡単にお願いします。

あずさん
最近ご無沙汰してました。
元気な方です。またうかがいます!

ボレロさん
ボレロさんは頭いいって感じの好青年です。
将来有望です。お買い得です。

りぼんねこ さん
毎回のごはんが美味しそうです。
名古屋の方なんですが、なんかミステリアスな雰囲気もあります。

meiさん
meiさんは印象よりお年を召してる方らしいんですが
それを感じさせません。セレブって感じがします。うん。

コナツさん
この前ちょっと休まれてたこともあって
すごく頑張ってらっしゃる方という感じです。
お弁当いつもご苦労様ですm(__)m

theme : バトン
genre : 日記

フェチバトン

ボレロさんからいただきました!
相当遅くなりましたが、ちゃどの赤裸々な性癖をここにさらして
彼の好感度を著しく下げたいと思います。
事務所やマネージャーの反対を押し切っての暴露です。
今週はバトン消化に努めます。

◎Q1:あなたは何フェチ?
背中フェチ。肩から背中→腰のライン。

◎Q2:異性を見るとき、まずどこを見る?
唇。

◎Q3:最近プッシュできる部位は?
放送できな(略)

◎Q4:異性の好きな部位5つ

1、唇
大好き。

2、うなじ
かなり好き。

3、 胸
存在が好き。

4、 髪
なでるの好き

5、 言えない場所。
何想像してんだい!このエロエロ星人!


◎Q5:フェチを感じる衣装は?
ボレロさんの推すリクスーはかなり良し。
浴衣とかもいいなぁ…。夏は浴衣だよなぁ。
まぁ本音は服より中身ですわ。
何想像してんだい!このエロエロ星人!

◎Q6:回す5人(必須)
李美さん
Aracoさん
コブタさん
りぼんねこさん
さくらみかんさん

読んでたらよろしく。必ず見に行きますんで。フフフ。

DEATH NOTE デスノート

death.jpg

名古屋駅前 ピカデリー2
監督:金子修介
出演:藤原竜也、松山ケンイチ
評価:★★★★☆

週間少年ジャンプで人気を博した連載漫画「DEATH NOTE」。僕自身は原作をパラパラと見かけた程度で、内容に関する知識は全くありませんでしたが、会社の同期の友人の誘いもあって、良い機会なので鑑賞することにしました。
映画とは全然関係ないのですが、最近会社の同期の連中と飲み会をした時に、ある一人の同期が「俺、デスノート持ってたら親父の名前を書いてますよ、絶対書いてやりますよ」という発言が忘れられません。一体彼と彼の親父の過去に何があったのか。

夜神月(やがみライト)は優秀な大学生で、人一倍強い正義感を持っていた。彼は法律で裁くことのできない悪人の存在を知りつつも、それをどうすることもできない自分と社会に憤りを覚える。そんな彼がある日偶然拾った一冊のノート「DEATH NOTE」。死神が戯れに落としたそのノートに名前を書き込まれた人物は、必ず死に至る。その効果を確かめたライトは、凶悪事件を起こした犯罪者達を、自らの信じる正義のためにデスノートを用いて抹殺していく。一方、次々と起こる犯罪者達の不審な死亡事故に対して、警察はICPOから派遣された「L」という男の協力を仰ぐ。不可能とも思えるこの事件の犯人の追及を、天才的な頭脳で推理していく男「L」。冷徹な頭脳と非情とも言える決断力で自らの正義を押し通すライト。知略を尽くした2人の戦いの行方は?

最近のニュースなどを見ると殺人事件のニュースが多いように思えます。テレビをつければ、誰が誰を殺した、遺族は悲しみに包まれており、被告は懲役何年。といった具合に。そういう悲しむべき現代の日常に対して、多くの人が鬱屈した感情を持っていると思います。

「DEATH NOTE」はそういった日本人の感情を発散させるという意味で、生まれるべくして生まれたような物語かもしれません。
憎むべき犯罪者を神のような立場に立って断罪する。それは人間としては倫理的に許されないかも知れませんが、多くの人は、ライトのような感情を心に抱いたこともあるでしょう。ライトはそういった人々の密かな願望を実現するダークヒーローだと言えます。自分の行為に対する自責の念や倫理的罪悪感をほとんど持たないという点でも、彼は願望の象徴たる「ヒーロー」としての存在をきっちりこなしていると思います。

この映画の面白さは、そういう背徳的な、しかし魅力あるダークヒーローと、それを追う「法」の側であるLや警察との知略を重ねた戦いにあります。観客はライトの行為に願望を重ねながらも彼の行為を倫理的に許せないと思う。その許せないと思う理性の代行者がこの映画の警察であり、Lだと思います。しかしあっさり理性が願望を押さえ込むのはつまらない。そこでお互いの頭脳を駆使した駆け引きが展開されていくわけです。

インターネットなどで「キラ」と噂され、祭り上げられていくライトなどの描写は非常にリアルだと思います。
またテレビのニュースのような画面の中で起こる「DEATH NOTE」の殺人などの演出は、現実の日常に則した世界のようで面白く感じました。

俳優陣では主演の藤原竜也がとてもいい。演技ももちろんだが、声などは迫力がありすぎて、最初吹き替えかと勘違いしてしまったくらい(笑)鹿賀丈史、松山ケンイチらも非常に魅力的なキャラクターを演出していた。ライトの妹役の女の子は誰だかわからなかったが、可愛らしくて良し!
中村獅童がCGで描かれた死神リュークの声を演じているが、これもCGのリュークという存在を含め、違和感なく世界観に溶け込んでいたと思う。

今回は前編で11月に後編が公開予定。今からでも非常に楽しみです。
エンディングではレッド・ホット・チリ・ペッパーの「ダニー・カリフォルニア」が使用されている。これもまた良し!

death2.jpg

あなたはデスノートを手に入れたらどうしますか?

theme : 映画★★★★★レビュー
genre : 映画

近況報告

ご無沙汰してます。
残業続きでしたが待ちに待った休日なので
しっかり更新して行きたいと思います。

1、本日は話題の「デスノート」見ていきたいと思います。
レビューは明日にも書くつもりです。

2、映画検定の受験票が届きました。
来週の日曜、早速4級を受験です。
受かりたいけど…無理っぽい!

theme : なんとか生きてます
genre : 日記

ブルー・クラッシュ

blue.jpg

DVD版
監督:ジョン・ストックウェル
出演:ケイト・ボスワース、ミシェル・ロドリゲス
評価:★★★☆☆

最近すっかり気温も暖かくなり、夏の気配が近づいてきました。夏といえば海。海といえば水着。水着といえば女の子。夏が近づくにつれ男は熱くなり、夏が終わるにつれ男は冷え込んでいき、宇宙はいずれ冷え切ってしまう。これを熱力学第二法則と言います。ここテストに出るよ。

常夏の島ハワイ。子供のころからサーフィンの才能に恵まれていた少女アン・マリー。しかしそんな彼女には過去にジュニアの大会で負傷したことがあり、波に対するトラウマを克服できずにいた。大会を目指して練習しつつも突然訪れた恋にのめりこんでいくアン。そんな彼女に反発する親友のエデン。本心では自分自身のとるべき道を見出せないアンだが…。

軽いノリのお気楽映画と思いきや、この映画のサーフィンに対する姿勢はかなりのもの。襲い来る波の迫力、そして水に飲み込まれる恐怖に言葉を失う。アンがトラウマを抱くのも無理はない。
そしてパイプラインをくぐり抜けるサーファー達と、その情景の美しさに感嘆。サーフィンて本当に凄いんだなぁ。確かにこれは惚れる。

脚本の筋道自体は王道で、奇をてらったものではないけれど、「夢をかなえる力を持った人」に対して周囲が応援し、進むべき力を与えるという構図は僕の大好きな映画「グッドウィルハンティング」を思い起こさせる。しかしトラウマによるアンの萎縮が歯がゆいだけに、最後は特に伏線なくクライマックスにいってしまう部分はちょと残念。

話とは直接関係ないけれど、両親がいなかったり、友人たちと同じ家で暮らしてたりするのはアメリカでは(といってもハワイだけれど)結構普通なんだろうか。だからこそ隣人を他人のように思わず、夢を追いかけることを大切にするのかな?ということを、ふと思った。

本作では何気にミシェル・ロドリゲスが出演してたりするけど、ケイト・ボスワースともども実は20を超えてるんだという事実に驚き。ケイト・ボスワースは「スーパーマン・リターンズ」でもヒロインを演じるようだ。ハリウッドの次世代を担う女優の一人として期待。

しかしホテルのバイトで、お客の服を勝手に着ちゃったりするのはどうかと思うぞ。「アメリカンパイ」の盗撮といい、ノリがよければ何をやってもいいのかなぁ。まぁ見てて楽しいから映画的にはOKなんだけど。

blue2.jpg

この映画で海に行った気になったのでもう満足。

theme : 映画★★★★★レビュー
genre : 映画

コルト・マルテーズ 皇帝(ツアー)の財宝を狙え!

colt.jpg

DVD版
監督:パスカル・モレリ
声の出演:リシャール・ベリ、パトリック・ブシテー
評価:★★★☆☆

久しぶりにレンタルでDVDを見ました。
肩を凝らないものが見たいと思い、フランス製のアニメ映画(正確には伊・仏合作)に手を出してみました。

1919年。おりしも第一次世界大戦やロシア革命が起こり、混沌としていたアジア情勢。一匹狼のイギリス海兵隊員コルト・マルテーズは秘密結社「赤いランタン」から依頼を受け、ロシアの財宝を乗せた列車から財宝を奪うことを決意する。仲間のラスプーチンと共に列車へと向かうコルト・マルテーズだったが…。

フランス映画がいつも難解だと思うのは、導入部で観客へ一切の説明をしないで話を進めていくせいだと思う。そのうえ会話にちょっと気どった表現が多いのでさらに話がややこしく感じられてしまう。
このコルト・マルテーズもご多分に漏れずそういったスタイルを貫いている。やはりフランスには独特の流儀というものがあるのだろうか。そしてさりげなくエッチぃシーンを入れるのもおフランス流。

というわけで途中からあきらめて話の細かい部分や人物名などの固有名詞を追うのをやめてしまったわけだけど、そういった部分が理解できなくてもこれが結構面白い。
まずこの映画は日本のアニメにはない独特の情緒と雰囲気にあふれている。そしてコルト・マルテーズという人物とそれを取り巻く人々に大きな魅力がある。

コルト・マルテーズは一応話の流れとして財宝を追っていくわけだが、彼がまた、やる気があるのかないのか至ってマイペースだ。
その性格はクールを通り越して偏屈の域まで達しており、観ている者を唖然とさせる。熱くならない、目的のためにがんばらない。時々夢見がちで女が大好き。日本のアニメの主人公では絶対にいないタイプだ。
そのマイペースぶりは全編通して徹底していて、この映画は財宝を追う事なんかよりもコルト・マルテーズという人物の姿を追う事に一生懸命なのではないかとすら思う。
そんなコルト・マルテーズの、話の本筋からちょっと浮きながらそれでいて飄々と自分のスタイルを通していく姿は、見ていてなかなか心地よい。

また仲間である、名前も姿もロシアの怪僧そっくりのラスプーチンや、秘密結社の謎めいた中国人女性「上海リー」など、それぞれの思惑と信条を持って生きていく彼らの姿も非常に魅力的だ。
最初の30分はなんじゃこりゃと思ったが、見方を変えると非常に面白く感じた作品。コルト・マルテーズとラスプーチンの活躍がもっと見てみたい。

なお「コルト・マルテーズ」シリーズは、イタリア人原作のフランスの人気コミックで「9番目の芸術」とまで言われているらしい。機会があればぜひとも原作も読んでみたいところだ。


cort.jpg

こう見えても結構武闘派なんです。

theme : アニメ
genre : 映画

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
プロフィール

ちゃど

Author:ちゃど
ちゃど。結婚しました。
ゲームと映画が大好きです。
好きな映画は「ファイト・クラブ」
好きなアーティストは「Foo Fighters」
心のゲームは「クロノトリガー」「バーチャロン・オラトリオタングラム」

XBOX 360 ゲーマータグ

最近のトラックバック
リンク
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。