スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダ・ヴィンチ・コード

vinci.jpg

109シネマズ名古屋 5月26日
監督:ロン・ハワード
出演:トム・ハンクス、オドレイ・トトゥ
評価:★★★☆☆

話題の「ダ・ヴィンチ・コード」ついに鑑賞してきました。
大きなネタバレは避けております。

宗教学の学者であるロバート・ラングドン(トム・ハンクス)はフランスへの講演中、フランス警察に協力を要請される。ラングドンと会う事になっていたルーブル美術館長ソニエールが奇妙な死体で発見されたのだ。しかし協力とは表向きでフランス警察のファーシュ警部(ジャン・レノ)はラングドンを殺人犯と考え、拘束しようと考えていた。ソニエールの孫娘ソフィー(オドレイ・トトゥ)の力を借りてからくも逃亡したラングドンは、ソニエールが残した暗号からこの事件に重大な秘密が関っていることを知る…。

映画を見るにあたって先に原作などを読む、読まないのどちらのスタンスをとるかというと、普段は「読まない」のだけど今回は読んでみました。しかしなかなか面白い作品だったので逆に映像化は難しいだろうなぁ…と思いましたが、やっぱり難しかったようです。

基本的にこの映画は原作にほぼ沿った作りで原作のダイジェスト版のようなものなっています。しかし原作では登場人物の行動、急な展開を細かい説明で裏付けているのですが、映画ではそういった解説はないため、登場人物の行動及び発言が突飛なものに感じられてしまいます。また小説だからこそゴマかせる展開というものもあるのですが、そういった展開も脚色せずに映像化してしまったので、そこらへんは何とかして欲しかったと思います。

しかしそういう不満点は置いておけば、頭の中で思い描いていた俳優が想像に近い形で映像化されたのは非常に嬉しいです。僕が役者をあらかじめ知っていたというのが理由でもありますが、個人的に一押しはイアン・マッケラン演じるサー・リー・ティービング!中盤の彼の存在感と愛嬌は、トム・ハンクスを押しのけてこの映画の主役になっているとすら思う。さすがガンダルフ、言葉にも魔法を込めているようです。
ポール・ベタニーはやっぱり顔のイメージで選ばれたんだなぁ…と思いました。ブレードランナーのルドガー・ハウアーを想像させました。

また小説ではイメージが良くわからなかったローズラインとかクリプテックスを映像として見られたのは良かったです。歴史的な建造物や美術品を映像でじっくりと見られるのも趣深いです。
この映画は、そういった周辺に対する興味を大きく引きつけたという点でも大きな意味があったと思います。

ただ娯楽という観点から見ると、やはり今回の映画はちと微妙です。
思い切って原作の脚本を映像というメディアにあわせて大胆に脚本を書き直しても良かったのでは?
ジャン・レノ演じるファーシュ警部がコレ警部補に「ラングドンは恐ろしい悪人」と迫力満点で述べたときには、心の中で原作とは全く違う展開をちょっと期待してしまいました。

そう考える一方、もしかしたら原作を全く未読のほうが逆に本作に対して色々想像できて楽しめたのではないか…とも思います。

原作の魅力の一つである謎解きの難しさなどは、映像で表現するのはまず無理だと思っていたので、小気味良いくらいポンポン解いていく姿はちょっと笑いを誘いました。ああいう思い切りも必要ですね。

しかし映像にインパクトを与えるためのビックリ演出(物陰からワッ! 静寂からドカーン!)が結構多用されていたのには参りました。心臓に悪かった…。

vinci2.jpg

「関る人皆を幸せに導く」役柄を演じていた事のある2人
スポンサーサイト

theme : ダ・ヴィンチ・コード
genre : 映画

ダ・ヴィンチ・コード<本>



こちらは映画ではなく原作のほうです。
現在文庫版の、上巻中巻と読んだところですが
世界的な宗教や芸術に潜む秘密、といった内容が
読み手の心を刺激するものがあります。

「我々が普段何気なく受けとめてきたものにはこんな裏がある!」
という手法は多くの人の心をひきつけることができます。
ある意味トンデモないいがかりかも知れませんが
小説や映画というノンフィクションの世界なら良いと思います。
ただ娯楽も、規模によっては社会現象にまで発展していきますから
単に楽しければ良い、という言葉で片付けることはできませんが…

映画も現在公開中なので、今週中にでも見にいこうと思っています。




こんな本や



こんな本が出てくればエンターテイメントとして一流の証拠です。
どんな真実もビジネスには勝てませんね~。

theme : 海外小説・翻訳本
genre : 小説・文学

もしもバトン

前に李美さんからもらった二つ目のバトンやります。
遅くなってゴメンよぉ

■1.貴方の性別が今現在と逆だったら?

まず胸があることを確認するw
そしてちょっとエロかっこいい服装で町を歩き
男の目をひきつけて楽しむ。 
そして玉の輿に乗るべく己を磨く。

■2.貴方の余命があと一日だったら?

好きな人に会いに行って
できるだけ一緒にいる。
残り2時間ぐらいで親しい人などに電話かけまくる。
そしてファイトクラブのDVDを見て
来世はブラピに生まれ変わることを祈りながら死ぬ。

■3.隣の奥さんが実は世界服従を企んでいたら?

奥さんの下僕となって働き世界制服を成功させる。
そして俺は奥さんの右腕に。

■4.恋人と入れ替わってしまったら?

もっといい男をさが…さない!

■5.朝起きたら隣に見知らぬ人が寝ていたら?

自分が裸かどうかを確認する。

■6.友達の背中にチャックがついていたら?

 「中の人などいない!」

■7.殺人の濡れ衣を着せられたら?

 じっちゃんの名にかけて俺が解決。

■8.会計の時一円足りないと気付いたら?

 1円出す

■9.貴方が電車で座っていて杖をついたおばあさんが乗ってきたら?

 普通にゆずる。

■10.コレを五人に送るとしたら?

 Aracoさん
 ボレロさん
 他先着3名様 よろしく

theme : バトン
genre : 日記

SWAT

swat.jpg

DVD版
監督:クラーク・ジョンソン
出演:コリン・ファレル、サミュエル・L・ジャクソン
評価:★★★☆☆

僕の所有しているゲームの一つに「GrandTheftAuto」というゲームがあり、悪人として町を荒らしまわるという内容なのですが、このゲーム、悪いことをしてると警察官に追い回される事になります。それでも抵抗していると、ついにSWATが出動してマシンガンで銃撃されるハメに陥ります。
そんなわけで僕の中にはSWAT=強いというイメージがあります。

SWAT隊員のジム(コリン・ファレル)は優秀な隊員だったが、武装グループによる事件において、相棒のギャンブルの独走により、人質を傷つけてしまい、武器保管庫へ左遷させられてしまう。半年後、巡査部長ホンド(サミュエル・L・ジャクソン)がSWATにおける新グループを創設することになり、ジムもそのメンバーに選ばれる。そんな折国際使命手配犯アレックスを護送することになったジムらだが、「俺を逃がしたら1億円払う」という発言がマスコミを通して流れたために、多くの犯罪者たちに襲撃されることになる…。

コリン・ファレルはなかなか好きな俳優だけど、今回のいかにも主人公!といった主人公的役柄もピッタリ当てはまってると思う。
サミュエル・L・ジャクソンも安牌といった趣。
さらにバイオハザードにも出演していたミシェル・ロドリゲスの出演が個人的に嬉しい。肉体派アクション女優で目に力があるのがポイント。

「SWAT」を舞台としているだけあって、訓練や武装の様子、そしてアクションシーンはしっかりしていてとても楽しめる。

しかし1億円やるとかいう話をホイホイ信じてならずものが警察にケンカを売るというのもムチャクチャな設定だ。「彼は何十億も資産があるそうです」などといって煽り立てるマスコミもそうだが…。なんだかテレビドラマのようなお話だなぁと思っていたら、これは元々70年代の人気テレビシリーズを映画としてリメイクしたものらしい。そう考えるとお話のチープさもテレビドラマらしいといえばテレビドラマらしい。

SWAT中心の話なので、いわゆる現実の警察のイメージを落とすようなことはできないだろうと思ったら、金に汚い隊員は出るは正義のためといって一般市民の車を強奪するはで、ある意味ちょっと刺激的。


swat2.jpg

「西部警察 in USA」って感じ?

theme : 今日観た映画
genre : 映画

見たら絶対やらなきゃいけないバトン

今日は靴とバッグ買ってきました。
やはり五月ということで、春めいたものに変えようかな、と。
靴屋の店内でFooFigtersがバンバン流れていたのがポイント高し。
靴は結構好きなオールスターの新色買ってきました。

で、李美さんから受け取った2つのバトンのうち
「見たら絶対やらなきゃいけないバトン」を答えていきたいと思いマス

1、ぜひこれ聞いて!を5曲

・FooFigtersのEverLong
・StereoPhonicsのDakota
・Puddle Of MuddのBurrly
・The White StripesのFell In Love With A Girl
そしてChad Kroeger Feat. Josey ScottのHero

いやぁ、これ単に好きな曲並べただけですね。
まぁ聴かなくてもいいです。

2、こんな異性に弱い!な5ポイント

・自分が一番偉いと思ってる
・隠し持った母性本能は凄い
・一つの趣味にやたら入れ込む
・思ったことはズバズバ言う
・俺が好き

3、人生の失敗を5つ
・数学と理科が嫌いなのに理系を選択
・なぜか農学部を選択
・やる気のない教授の研究室を選択
・ひどい会社への就職
・渡せなかった元彼女への誕生日プレゼント

4、自分の持っているお気に入りな5つ
・ipod nano
・今日買った靴
・今着てるジャージ
・高かったプラズマTV
・ソファ

5、幸せなひととき5つ
・友人と遊ぶ計画を立てるとき
・ご飯を食べてるとき
・議論が白熱するとき
・ぐーたらしてるとき
・金曜日

いやぁバトンって本当楽しいですね。
では3日後にまたお会いしましょう。
サヨナラ、サヨナラ、サヨナラ(淀川長治風)

theme : バトン
genre : 日記

マッチスティック・メン

mat.jpg

DVD版
監督:リドリー・スコット
出演:ニコラス・ケイジ、アリソン・ローマン
評価:★★★☆☆

玄人詐欺師のロイは極度な潔癖症に悩まされていた。ある日症状を抑える薬をうっかり捨ててしまったロイは、相棒フランクに紹介された精神分析医から、症状の原因が自分自身の過去にあると指摘されたことをきっかけに、14年間会うことのなかった娘アンジェラと再会する。奔放で快活な娘に振り回されながらもロイは精神的な安定を取り戻す。しかし好奇心の強いアンジェラはロイの仕事に興味を持ち始める…。

「ロード・オブ・ウォー」では武器商人を演じているニコラス・ケイジが、本作では詐欺師だが極度な潔癖症というおかしな役柄を好演。今回は毒のある悪人面や狂気に染まったような演技はないけれど安心して鑑賞できる。
一方14歳の娘役のアンジェラ演じるアリソン・ローマンは当時の実年齢が24歳!!正直とても24には見えない。これは容貌だけじゃなくて俳優の演技力でもあると思う。美しさはそれほどでもないけれど、全国の父親が「こんな娘いたらいいなぁ」と思うような元気な娘。
これで24ってある意味犯罪だ(?)

思いがけず、アンジェラと共に生活するロイだがいくつかの障害と交流を通して父親としてあるべき姿を模索していくようになる。そしてある出来事をきっかけに、ついに引退を決意するのだが…。

この映画にはある種の映画にあるようなオチがまっているわけだが、正直心情的に納得いかないのは、やはりそのシーンまで登場人物に善人が多いと思っていたせいだろう。思い悩むニコラス・ケイジの立場で色々真面目に考えてしまった自分としては腹が立つ部分もある。しかしそんな自分を省みてみると、実は自分は詐欺に引っかかりやすい人間ということなのかも…?
いや、全てはアンジェラの可愛らしさのせいだろう。
最後のシーンはほっとすると共に、楽しい夢を見た後のような切なさも残る。

総評:楽しかったが腹の立つ映画。


mat2.jpg

男には絶対勝てない相手が3人いる。母親と妻、そして娘。

theme : 映画感想
genre : 映画

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
プロフィール

ちゃど

Author:ちゃど
ちゃど。結婚しました。
ゲームと映画が大好きです。
好きな映画は「ファイト・クラブ」
好きなアーティストは「Foo Fighters」
心のゲームは「クロノトリガー」「バーチャロン・オラトリオタングラム」

XBOX 360 ゲーマータグ

最近のトラックバック
リンク
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。