スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

げんしけん

げんしけん(木尾士目:講談社)1~3巻を読む。

舞台は大学のサークルで、現視研(現代視覚文化研究会)という
ヲタク系サークルの人間模様を題材に扱っている。
新入生で、現視研に入部することでヲタクの世界に入っていく笹原完士や
彼氏、高坂真琴のヲタク性を憂慮して、どうにか現視研を辞めさせたい春日部咲の視点から
ヲタクに生きる人々をとらえた漫画。

電車男でいわゆる「ヲタク」が取り沙汰されて
「ヲタク」に対して色んな視点が向けられてきたけれど
この「げんしけん」ほど客観的にヲタクをとらえた作品は少ないと思う。
彼氏がゲームをやっている間、つまらなさそうにしている春日部が
何とか趣味を共有しようとゲームに挑戦してみたり
仲間同士で大声で喋っているくせにヤンキーが通りかかると
急に目立たないように目を伏せるヲタク集団などの描写は
テレビで目にする型にはまったヲタクよりも
よりリアルな、現実のヲタクとそれを取り巻く周囲の状況を感じさせる。

一方、漫画としての描写も面白く、
げんしけんを嫌いながらも、段々居ついてしまう春日部や
春日部とよく口げんかするくせに、少しづつひかれていくヲタクの班目など
げんしけんを取り巻く人々の交流とその複雑な心理描写は
先の展開を期待させて飽きない。

電車男に次いで「ヲタク」をドラマの題材にするなら
「げんしけん」もアリかもしれない。
スポンサーサイト

theme : 感想
genre : アニメ・コミック

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
プロフィール

ちゃど

Author:ちゃど
ちゃど。結婚しました。
ゲームと映画が大好きです。
好きな映画は「ファイト・クラブ」
好きなアーティストは「Foo Fighters」
心のゲームは「クロノトリガー」「バーチャロン・オラトリオタングラム」

XBOX 360 ゲーマータグ

最近のトラックバック
リンク
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。